日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

密輸船(1954)
ミツユセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年12月01日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

高野竜雄の原案から、「七人の侍」の小国英雄が宮田輝明と共同で脚本を書き、「水着の花嫁」の杉江敏男が監督する。撮影は「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の飯村正、音楽は「君死に給うことなかれ」の早坂文雄の担当。主演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「此村大吉」の久慈あさみ、徳大寺伸、「うれし恥かし看板娘」の北川町子などである。

スタッフ

製作
本木荘二郎
原案
高野龍雄
脚本
小国英雄宮田輝明
監督
杉江敏男
撮影
飯村正
音楽
早坂文雄
美術
村木与四郎
照明
猪原一郎
録音
小沼渡

ストーリー

横浜港に繋留されていた機帆船福神丸が、ある時黒煙を吹いて爆発した。海上保安官の津田は、母と弟の命を奪った麻薬に対して憎しみを抱いていたが、この事件を麻薬密造に関係ありとにらんだ。一方、情報屋の山本という男は、曾我保安官に、貿易商ベルグランが麻薬の原料を輸入していること、そして福神丸の三谷船長がそれに深い関係を有していることを伝えた。数日後、山本は黒眼鏡の三谷に殺された。津田は挙動不審の女松尾さとを連行し、事務官富浦恵美に身体検査を依頼し、津田はその貧しい弁当箱をにらんだが、果してその中には麻薬がつめられていた。さとの娘民江から目星をつけ、津田は鈴木という学生を追い、麻薬を身につけていた彼にその入手先を自白させ、外国人達の集るクラブ・ポピーを襲った。それ以来津田は麻薬常習者の仲間に入ったが、ある時金のために王大成の妾になった民江に会った。多くの情報を手に入れた津田は、富浦恵美を変装させて王やベルグランの一味を探らせた。それによって清水港へ入った麻薬密輸船を押えることができたが、疑われた民江は王に殺された。麻薬密造所は九竜丸に移された。王は金と麻薬を一人占しようとして三谷に殺された。しかし船出する九竜丸に乗った一味も、追跡する津田の活躍で全滅したのである。だがこの時津田自身、恵美の愛情にも拘らず、麻薬がなくては生きられない身体になっていたのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。