日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

えくぼ人生
エクボジンセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月07日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

中野実の原作を野原清が脚色、「黒い罌粟」の原研吉が監督、同じく森田俊保が撮影に当っている。「おとこ大学 婚前教育の巻」の浅茅しのぶ、「母の初恋」の岸恵子、「螢草」の大木実、紙京子、片山明彦、「若旦那と踊子」の川喜多雄二と北原三枝らが出演する。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
中野実
脚色
野原清
監督
原研吉
撮影
森田俊保
音楽
加藤光男
美術
平高主計
照明
磯野春雄
録音
妹尾芳三郎

ストーリー

女医の澪子は妹春子と銀座の横丁で歯科医院を開業していた。父盛近は大学教授を停年で退職し、辻堂で一人間借生活を送っている。澪子はたとえ自分は犠牲になっても、春子だけは恋人の晋と結婚させてやりたいと思っていた。塚本達也という男が、或る日澪子を訪れた。達也は自動車工場に勤めているのだが、友入の尾島三平が澪子を見そめたという。澪子の医院の隣りは菊の家という料亭で、三平はそこの常客だった。そして菊の家のおかみお蝶は達也にぞっこん参っているが、当の達也は澪子が好きなのだ。然し三平の手前、彼はそれを秘めていた。達也の伯女で未亡人の塚本夫人は彼に藤村マチ子との結婚を強いるが、これを嫌った達也は澪子に一日だけの恋人になってくれと頼む。二人は一日を江の島に遊び、互いに心のふれ合いを感じた。三平はテレヴィ会社の重役で、マチ子を秘書に晋を社員に採用した。晋の役目は澪子を監視する事だった。達也から正式に澪子を紹介された三平は、大喜びでその夜達也を菊の家に招待する。三平の喜びに引きかえ、淋しさをまぎらす酒に酔った達也は菊の家でお蝶と共に酔いしれて眠ってしまう。それを知って悲しんだ澪子は熱海へ家出した。お蝶も三平も、初めて二人が愛し合っていた事を知った。お蝶は自分の恋を諦めて、達也と澪子を結びつけた。そして晋と春子、三平とマチ子、更に盛近と塚本夫人までも、目出たく結婚する事になったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。