日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三羽烏奮戦す
サンバガラスフンセンス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月17日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「鉄仮面」の中山隆三が「青春三羽烏」の光畑碩郎と共同で脚本を書き、「“めでたい風景”より 新婚天気図」の穂積利昌が監督に当り、「昨日と明日の間」の西川亨が撮影する。主なる出演者は「えくぼ人生」の川喜多雄二、大木実、片山明彦、紙京子、「江戸の夕映」の草笛光子、「宮本武蔵(1954)」の三好栄子、「若旦那と踊子」の七浦弘子等。

スタッフ

製作
保住一之助
脚本
中山隆三光畑碩郎
監督
穂積利昌
撮影
西川亨
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
高下逸男
録音
熊谷宏

ストーリー

朝倉と松本と石川の三人は、小学校から大学まで一緒の旧友だが、就職は別々になった。松本と石川は東海ペイントに入社し朝倉は白水クリーニングに勤める事になった。朝倉は東海ペイントの試験に合格したのだが、母親を抱えてアルバイトで卒業した石川が補欠になったのを知り、秘かに入社を譲ってやったのである。三人が食事に行くハウザー軒の娘美代子を松本と石川が競い合っているが、実は彼女は朝倉を慕っているので話がもつれて来た。朝倉はふとした事で知合った東海ペイントの社長令嬢玲子の誕生日のパーティに呼ばれた。松本、石川の二人は当夜の世話役だが、玲子が朝倉に惹かれているのを見てがっかりする。然しもっと憤慨したのは貿易会社の青年社長植村だった。彼は特殊塗料のパテントを東海ペイントに譲る契約をして女社長水野一枝に取入り、玲子との結婚を望んでいたのだ。朝倉の兄が故郷から幼友達の田中米子をつれて上京し、朝倉の嫁にどうかと言出したので美代子は盛んに気を揉む。所が松本が米子と意気投合して婚約してしまった。朝倉は白水クリーニング社長杉浦から、素行の悪い息子徳之助のことを頼まれたが、徳之助は青木光江に子供を孕ませて捨ててしまい、その上玲子との結婚を取りもってくれといわれ、怒って社長に辞表を出した。植村は暴力団を使って朝倉を傷けようとしだが、誤って石川が彼等に袋叩きされる。そこへ青木光江が来て植村の悪企みを告げたので朝倉は危く石川を救出して入院させた。やがて植村も非を悟り、徳之助も心を入れかえて光江と結婚する事になり、朝倉は復職した。そして間もなく、朝倉と玲子、松本と米子、石川と美代子の三組の新婚夫婦ができ上った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。