日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年07月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本敗れず
ニホンヤブレズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年10月26日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

「春色お伝の方 江戸城炎上」の阿部豊が製作監督する敗戦裏面史で、脚本は「母の秘密」の館岡謙之助が執筆。撮影は「黒い潮」の横山実の担当である。出演者は「鞍馬天狗と勝海舟」の早川雪洲、「東尋坊の鬼」の藤田進、「鶴亀先生」の斎藤達雄、「黒い潮」の山村聡、「鉄火奉行」の柳永二郎、「トラン・ブーラン 月の光」の沼田曜一、小笠原弘、「関八州勢揃い」の舟橋元など。

スタッフ

製作
阿部豊
脚本
館岡謙之助
監督
阿部豊
撮影
横山実
美術
進藤誠吾
照明
関川次郎
録音
中井喜八郎

ストーリー

昭和二十年五月、サイパン、硫黄島、比島等に日本の敗色は濃く、東京も再度の大空襲に火の海と化した。だが陸軍省部内では、依然として、本土決戦を目指して張切る将校達の姿があった。やがて沖縄守備軍も全滅し、米軍も本土に迫ってきたが、米英ソのポツダム会談により、七月二十七日、日本に対する最終の降伏条件を規定した三国共同宣言を放送して来た。首相官邸の会議室では、総理以下の閣僚達は、共同宣言を有条件講和の申出と解し、挑戦的態度はとるべきでないとしていたが、川浪陸相が一人強硬に反撃すべきことを主張していた。やがて八月六日の原子爆弾の投下、又九日のソ連参戦により、川浪陸相一人の戦争遂行論も空しく、遂に御前会議は於てポツダム宣言受諾が決定された。これを聞いて激昂した陸軍省の軍務課員を中心とした将校達は、遂にクーデターを計画し外相官邸を襲ったが、南郷外相は危うく難を避けた。第二回御前会議の席上でも、川浪陸相はあく迄戦争を続けることを主張したが、陛下の御心は変らなかった。血気にはやる青年将校達は、陛下の録音盤を手に入れるために畑少佐は林師団長を殺したが、音盤の入手には失敗した。十五日暁方、川浪陸相は自決して果てた。録音盤の所在を明らかにしない瀧川侍従をも殺害して狂気の如くなった畑少佐は、馳けつけた中田東部軍司令官に軽挙妄動をさとされ、己れの非を悟って自害した。かくして十五日正午、録音盤は放送され、戦争は終った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。