日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

君待船
キミマチブネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月07日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の笠原良三が脚本を書き、「こんな美男子見たことない」の西村元男が監督する歌謡ドラマ。撮影は「こんな美男子見たことない」の秋野友宏、音楽は「知らずの弥太郎」の大久保徳次郎の担当。主演者は「真白き富士の嶺(1954)」の林成年、「母時鳥」の南田洋子に流行歌手の田端義夫、新人の藤田佳子、「浅草の夜」の品川隆二、「月よりの使者(1954)」の村田知英子などである。

スタッフ

企画
岡田熟
脚本
笠原良三
監督
西村元男
撮影
秋野友宏
音楽
大久保徳次郎
美術
佐藤忠夫
照明
泉正蔵
録音
渡辺利一

ストーリー

中里精一は、ある漁港の網元大野屋で働き、幼い頃から子供同様に育てられてきた。女主人の志乃も長男の忠士も彼を頼りに思い、あき子も兄以上に彼を慕っていた。所が、同じ網元増田屋の枠辰吉は、貸した金を盾にあき子との結婚を無理強いしてきたので、忠士と口論を始め挙句は格闘となり、かけつけた精一が仲に割って入ったが、遂にジャックナイフで辰吉を殺してしまった。精一は忠士の罪を負い、三年間の服役を終えて島に帰った。だが忠士は既に船の遭難で死に、あき子も志乃も行方不明になっていた。あき子の面影を求めて東京をさまよっていた精一は、ふとした縁で街の艷歌師田崎義夫のアパートに同居することになり、妹京子の世話で製菓会社で働くことになった。京子は段々と精一に思いを寄せるようになっていた。製菓会社で配達係を勤めていた精一は、ある日会社の宣伝のキャンディー・ガールの中にあき子を発見し、思わず後を追おうとして、背後から来たトラックに衝突し昏倒した。入院した彼を京子は心から看護したが、彼女の心を知る義夫は、精一に彼女との結婚を頼んだ。だが精一は自分が前科者であることを打明けたところ、偶然にも三年前の殺人事件のとき義夫がその漁港にあって、真の犯人が忠士であることを目撃した身であることが分った。早速義夫はあき子の住所を探り、彼女に会って精一のことを告げた。あき子は直ぐに彼のところへ馳けつけたが、既に彼女は婚約の身であった。彼女の幸福をねがった精一は、身をひいて一切を忘れ貨物船に乗りこむことになった。出帆の日、タラップをかけ上ってくる若い女性があった。それは愛する精一を追う京子であった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。