日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

家庭の事情 ネチョリンコンの巻
カテイノジジョウネチョリンコンノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年07月28日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

トニー・シリーズ“家庭の事情”第四作。スタッフは第三作と同じで、第一作「家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろうかの巻」の春風すみれと宝塚の桜間秀子、水代玉藻、若竹笙子のほか、前作と同様の顔ぶれが出演している。

スタッフ

原作
三木鮎郎
脚色
大畠玉樹
監督
小田基義
撮影
藤井春美
音楽
多忠修
美術
西亥一郎
照明
田辺憲一
録音
森武憲

ストーリー

坂巻敬介氏の経営する桜カ浜の海浜ホテルは、水爆マグロが陸揚げされて以来、すっかりサビレていた。坂巻に宣伝手腕を見込まれてやって来た太平洋宣伝会社々長戸仁井谷吉は、唯一人の社員五郎をバタフライ泳法のチャンピオンに仕立てて、模範水泳エキジビション大会を開いた。この催しの成功のために、坂巻の令嬢冬子は谷吉達に感謝と好意を寄せたのでかねて冬子を狙っていたホテルの支配人黒井は、谷吉の第二回の催し、水着コンクールを入墨の男達を使って混乱に陥れた。かくて谷吉は名誉挽回の企画としてミスター・ネチョリンコンを招いた。ネチョリンコン氏は世界一の大金特、色男で妻を捜し歩いているという評判だった。舞台で彼とラヴ・シーンを演じて気に入った娘を選ぶことになった。現われたネチョリンコン氏は戸仁井に瓜二つ。柔剣道の達人ユリは、短気を起し暴力で彼を従わせようとしたので鐘一つで不合格。ミツ子のめんめんたる口説きは鐘二つ。最後の冬子はアイブラユーの一言で見事鐘三つを鳴らした。ところが黒井はパーティの席から冬子を拐ってモーターボートで逃げた。戸仁井は後を追い、珍活躍の末冬子を救った。そしてネチョリンコン氏は溺死したと告げ、彼女の愛を戸仁井にひきつけようとしたが、冬子は亡き彼を思って頑として受付けない。見事にふられた戸仁井は、これはいつもの役と違う、作者の焼餅だと泣き顔になる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。