日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落語シリーズ 第三話 落語長屋お化け騒動
ラクゴシリーズダイサンワラクゴナガヤオバケソウドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年07月13日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「夏祭り落語長屋」に次ぐ落語シリーズ第三作。スタッフキャストとも前作とほぼ同じであるが、“反魂香”“らくだ”“おみきどっくり”等の落語ネタより佐藤敏が脚本を執筆している。

スタッフ

製作
佐藤一郎
企画
安藤鶴夫岸井良衛
脚本
佐藤敏
監督
青柳信雄
撮影
山崎一雄
音楽
三木鶏郎
美術
北猛夫安倍輝明
照明
大沼正喜
録音
宮崎正信

ストーリー

大工八五郎が大家の質屋宗右衛門の陽除けをこさえて御存知落語長屋にも世間なみの夏が来た。娘お黒がぶらぶら病いに取りつかれて大家は頭を痛めていた。実は長屋の浪人新三郎がお墨付の掛軸を大家に質草にとられ、その為帰参する事が出来ぬので、新三郎を恋するお里が心配しての結果だった。これを知った八五郎は、母親お勘の幽霊のお告げだといって目出度く事を解決した。帰参祝いに新三郎に招かれた八五郎、熊さん、辰吉が掛軸の画の幽霊と戯れたばかりに、新三郎が国許へ出立してからも、その家にお化けが出るようになった。ところがその家へらくだの馬さんが強引に住込んで暴れ廻ったので長屋の連中総動員で化け物になり驚かそうとするが、その時らくだは既にフグに当って死んでいた。翌朝八五郎が口喧しい横丁の隠居をまたお勘の幽霊のお告げを利用してだまして以来、八五郎の占いは有名になり、遂に大家の弟が経営している伊豆の温泉宿の大金紛失探しをせねばならぬハメとなった。自信のない八五郎は旅仕度をして逃げ出そうとしている処へ女中のお福が来て告白した。母親に病みつかれたお福は、つい出来心で客の胴巻に手を掛けたが、余りの大金に驚きお稲荷さんの下に埋めたのだ。お福の身の上に同情した八五郎は、彼女を傷つけないように見事失せ物を探し出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。