日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やくざ囃子
ヤクザバヤシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年06月30日 
製作会社
滝村プロ東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

竹中香企画、滝村和男製作による東京映画・滝村プロ提携作品。「一等マダムと三等旦那」の松浦健郎の脚本を、「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」のマキノ雅弘が監督している。撮影は「風立ちぬ(1954)」の三村明。出演者は「昨日と明日の間」の鶴田浩二、「芸者小夏」の岡田茉莉子、「国定忠治(1954)」の花柳小菊「二挺拳銃の龍」の河津清三郎「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の田崎潤、田中春男、森健二などである。

スタッフ

企画
竹中香
製作
滝村和男
脚本
松浦健郎
監督
マキノ雅弘
撮影
三村明
音楽
服部正
美術
島康平
照明
西川鶴三
録音
根岸寿夫

ストーリー

旅烏しぐれの彌太郎は乗合船の中で、船に酔った旅の女お篠を介抱した。出迎えの浪人風の兄筧治三郎と共に、足を引きずりながら船を降りてゆくお篠の可憐な後姿は、妙に彌太郎の心に残った。治三郎は滑川平五郎親分の用心捧となり、金を作って妹の足を癒す為賭場荒しに凄腕を揮っていた。何を思ったか彌太郎、三度笠を投げ占うと、そのまま平五郎親分の許に草鞋を脱いだ。治三郎は秋祭りが済み次第、妹の治療に立つ事になっていたが、平五郎は彼の留守中の報復を受けるのが心配だった。妹が世話になったと聞いて彌太郎に好感を持った治三郎は、彌太郎さえ居れば大丈夫と折紙をつけた。事実彌太郎の腕は滅法強かった。明朝は別れという祭の夜、彌太郎と篠は恋の喜びを一晩中踊りあかしたが、舟小屋の賭場で敵方は治三郎謀殺の計画を立てていた。おびき出された彌太郎と治三郎、面をかぶって危うく同志討をしそうになったが、乱闘場を斬り抜けた。しかし何故か今度は治三郎が刀を抜いて彌太郎に迫った。彌太郎は好い奴だが、所詮やくざ。彌太郎と篠が愛し合っているのを知った治三郎は許せなかった。裂帛の気合の後、彌太郎は足を治三郎は腕をやられた。明け染める暁の舟着場に旅仕度のお篠が留八等に伴われてやってきた。治三郎は何も言わず彌太郎とお篠の二人を船に乗せた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。