日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落語シリーズ 第二話 夏祭り落語長屋
ラクゴシリーズダイニワナツマツリラクゴナガヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月05日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「落語長屋は花ざかり」につぐ落語シリーズ第二作。演芸評論家で古典落語研究家の安藤鶴夫の原案により、“のざらし”“富久”“すどうふ”等の落語から「宝さがし百万両」の八住利雄が脚本を書き、「落語長屋は花ざかり」の青柳信雄が監督している。撮影、音楽も同じ山崎一雄、三木鶏郎である。出演者もほぼ前作と同じであるが、「芸者小夏」の紫千鶴、南米の国際映画祭より帰朝した越路吹雪(美しき鷹)、ジャズ・シンガー柳沢真一などが新しく出演する。

スタッフ

製作
佐藤一郎岸井良衛
原案
安藤鶴夫
脚本
八住利雄
監督
青柳信雄
撮影
山崎一雄
音楽
三木鶏郎
照明
大沼正喜
録音
宮崎正信

ストーリー

落語長屋の大工八五郎は正直で腕の立つ大工だが、三度の飯より酒が好きで出入先の赤西屋も閉め出されていた。しかし大家の伊勢屋宗右衛門のきも入りで目出たく出入差止を許され、日頃八五郎を想う大家の女中お花はお祝いの絆纏を八五郎に送るのだった。隣に住む人の悪い易者呑海が、釣に行った時見つけた美人の水死体の幽霊に毎夜腰を揉んでもらっているという冗談を、真に受けた八五郎は川原に出かけ、釣竿で水中をかき廻しながら幽霊の出現を待つが、一向に出て来ない。ところで八五郎、富くじ売りの文吉から買った富くじが千両当っていると聞いてとんで帰って来るが、母親お勘が薪と一緒に燃してしまった後だった。却って今迄の親不孝に気づいた八五郎は、宗右衛門に油をしぼられて孝行を誓った。明日から夏祭りが始まるという晩、お勘が失くした筈の富くじ札を発見、喜んだ八五郎と二人で神棚を拝んでいると、お高祖頭巾の女が来た。さてこれこそ待ちに待った幽霊と思った八五郎が、頭巾を取るとお花だった。お花は八五郎の女房になるためにやって来たのだ。明くれば年に一度の夏祭り。長屋の一同は全部揃いの浴衣で、宗右衛門寄進のお神楽屋台を引いて練り歩いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。