日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若き日の啄木 雲は天才である
ワカキヒノタクボククモハテンサイデアル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月25日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

題名を啄木の代表小説にとって館岡謙之助(君ゆえに)がオリジナルを執筆し、「思春の泉」の中川信夫が監督している。撮影は「花と波涛」の横山実、音楽は「陽は沈まず」の黛敏郎である。出演者は「勲章」の岡田英次、「素ッ飛び男」の若山セツ子、「放浪記(1954)」の角梨枝子、「大阪の宿」の左幸子、細川俊夫など。

スタッフ

企画
山崎喜暉
脚本
館岡謙之助
監督
中川信夫
撮影
横山実
音楽
黛敏郎
美術
鳥居塚誠一
照明
秋山清幸
録音
沼田春雄

ストーリー

熱のある進歩的教育の故に渋民村の人達から圧迫を加えられた石川啄木は妻節子の激励で東京へ出て文筆で身を立てようと決心した。しかし一家の窮乏を見ると、自分の文学を育てるために一家を更にどん底に陥らす事は忍びなかった。まず生活を建直す事が第一と自由の新天地北海道に向い、親友宮川緑雨の世話で小樽日報の仕事にありついた。そこで再び改革をはかって敗れた啄木は、更に北の巣、釧路に向った。啄木の勤めた釧路新報は競争紙「北東日報」と激しく対立していたが、啄木は大いに鋭筆を振い、果然北東日報を抑えた。そんな頃北東日報の社長の魔手から小奴を救った事から、芸者の小奴、ぽんたと知り合った。釧路で啄木を慰めてくれるのは、この二人のほか同郷の菊地だけだった。やがて啄木は編集長になり、釧路きっての名物男になったが、目的のない生活に飽き足りず、やはり文学をやりたかった。小樽で啄木の天才を信じて待っている節子に会ってきた宮川緑雨は、悶々としている啄木を怒鳴りつけ、小奴も彼を励した。啄木は白川社長の懇願もしりぞけ、東京行を決心した。悲しさに取乱しそうな小奴は遂に港へ送って来なかった。一人昂然と胸を張った啄木を乗せた貸物船は波を蹴って進んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。