日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

五ツ木の子守唄
イツキノコモリウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年04月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

目下、全国的に大流行している九州熊本の民謡「五ツ木の子守唄」を主題に映画化したもので、「殴り込み二十八人衆」の笠原良三の脚本より枝川弘が初のメガホンをとっている。撮影は「十代の性典」の中川芳久、音楽は「春の若草」(松竹)の加藤光男が夫々担当。出演者は「四人の母」の南田洋子、楠よし子(北河内妙子改め)、北原義郎、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の村田知英子、「金色夜叉(1954)」の船越英二、伏見和子、それに久々の松島トモ子など。

スタッフ

企画
根岸省三
脚本
笠原良三
監督
枝川弘
撮影
中川芳久
音楽
加藤光男
美術
柴田篤二
照明
伊藤幸夫
録音
長谷川光雄

ストーリー

電気技師秋元泰彦は熊本のダム工事場視察のおり、竹井事務所長に誘われて、隣り村の旧家本野順三を訪れた。順三は、一人娘和江と、小作人の娘で孤児となった信子の三人で、わびしく暮していた。一夜を順三の家で明かした泰彦は、自分と同じ境遇にある信子に同情し、愛情を感じ始めた。帰京した泰彦には従妹富子との縁談が待ち受けていたが、それには耳もかさぬ泰彦は再び出張で熊本へ発った。しかし、信子が村の豪農の長男と結婚するという順三の話に、泰彦は愕然とした。泰彦は傷心の足どりも重く東京へひきかえしたが、その夜九州を襲った豪雨は本野家を流し、信子たちの消息を絶ってしまった。処が泰彦は、学友田所の渡米送別会で神楽坂の料亭におもむいた時、はからずも、和江のために芸者に身を落した信子に会った。二人は相擁したが、嫉妬に狂った富子の横槍で、信子は泰彦の前から姿を消し、キャバレーで働く事になった。一方泰彦は、毎晩酒色に溺れ、叔父と激論し家を出て、夜の街をさまよううちに、帰国した田所に会い、彼の工場に入れてもらった。その頃信子も、和江の病院の女医いずみの世話で、いずみの兄の工場へ工員として入った。そして工場の運動会の日--信子は泰彦に会ったが、いずみの結婚の相手が泰彦である事を知って驚いた。田所は、泰彦を高崎の工場長にし、妹のいずみと結婚させたい腹をもっていた。それにも増して信子を絶望のどん底に陥したのは、和江の自動車事故による死だった。悲嘆にくれた信子は、和江の遺骨を抱き熊本へ帰った。思い出の川の面には“五ッ木の子守頃”が流れ、信子が死を決心した時、泰彦の呼ぶ声がきこえた。二人は始めて強く生き抜こうと抱き合った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。