日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろうかの巻
カテイノジジョウバッカジャナカロウカノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年03月17日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

宝塚がトニー谷(この恋!五千万円)を主演に連続製作を企画しているコメディ、トニー・シリーズの第一作。三木鮎郎の原作を「花祭底抜け千一夜」の賀集院太郎が脚色し、「若夫婦は朝寝坊」の小田基義が監督している。撮影は「暖風」の藤洋三、美術は「鞍馬天狗斬り込む」の西七郎。助演は伊吹友木子、NDTの重山規子、「学生五人男」の柳谷寛などである。

スタッフ

原作
三木鮎郎
脚色
賀集院太郎
監督
小田基義
撮影
藤洋三
音楽
多忠修
美術
西七郎
照明
西沢寿男
録音
森武憲

ストーリー

戸仁井は月賦建物会社のセールスマンで、社のタイピスト春子さんと恋仲だが、住む家がなくて結婚できない。じれた春子は「生活力のある人ならお爺さんでもいい」と言出すので、戸仁井は気が気ではない。ある日、出勤の途中、電車の中でスリを発見したのが仇となり、目付の悪い連中に公園に連込まれ、シャツとパンツを残して身ぐるみはがれた。一計を案じてマラソンの練習よろしく走出すと、知らぬまに本物のマラソンの列に加わる。盗んだ服を着たスリを見つけて懸命に力走したら、新記録で一着と認められ、その賞として家を一軒貰った。喜び勇んで行ってみると、前の住人は立退かず、しかも近々そこを車が通る事になっており、大騒ぎである。ヤケになった戸仁井は「家の真中を電車を通せ」という。所がその言葉通り、戸仁井の住宅の中央を車が走ることになり、神経衰弱になった二人は、自殺を覚悟して線路に体を横えた。折しも電車はストで運転中止、二人の自殺は失敗した。最後の妙案、それは戸仁井が電車の運転手となり、自宅の中央で車をとめ、春子は甲斐甲斐しく駅弁を客に売りつけることだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。