日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

疾風愛憎峠
シップウアイゾウトウゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年03月10日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

「快傑黒頭巾(1953)」の小川正のオリジナル・シナリオを「曲馬団の魔王」の佐々木康が監督している。撮影も「曲馬団の魔王」の三木滋人。出演者は「旗本退屈男 どくろ屋敷」の市川右太衛門、「ママの日記」の木暮実千代、「花と竜 第一部」「花と竜 第二部」の滝沢修、「水戸黄門漫遊記(1954)」の原健策、「殴り込み二十八人衆」の高千穂ひづる等である。

スタッフ

企画
西原孝佐藤宇之助
脚本
小川正
監督
佐々木康
撮影
三木滋人
音楽
吉村正志
美術
桂長四郎
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

元治元年三月、小田原の宿に新たな検問所が設けられ、勤王志士の往来を阻止せんとする対策は一段と厳しくなった。長官陣十郎の配下には芹沢鴨の卒いる新微組、鉄砲組を始め、仁侠の的場新太郎を除いては、近在の貸元を網羅している。折しも小田原に潜入した長洲藩士高柳篭之助と妻お俊は検問所を通過する鑑札の入手に窮し、新太郎の義侠に縋ろうとした。新太郎は五年前、当時浅香と名乗る武士であった頃、茶屋女お俊と駈落し、お俊を捕えた捕吏の偽りの言葉から、お俊の恋心を誤解したまま今日に至ったのであるが、この意外な邂逅には驚いた。新太郎は篭之助の申し出を拒んだ。追求はますます厳しく、監視線を突破しようとした同志が検問所の銃火を浴びて倒れたのを知ったお俊は、誤解を晴らすべく再三新太郎を訪れ、彼等夫婦の固い絆を知った新太郎はお俊に鑑札を与えた。お俊も今も残る新太郎への愛に悩み、高柳に鑑札を渡すと一切を告白し、新太郎の許へ走る事を許された。新微組は長洲志士の隠れ家をつきとめた。新太郎は身を引いて二人が幸せになるのを希い、検問所の急襲の銃声を聞くと駈けつけて陣出を倒し、芹沢をも斬り伏せた。早や東の方に逃げ落ちる高柳とお俊。二人の姿を見届けた新太郎は今は思い残すこともなく、銃弾を浴びつつも西へ西へと落ちのびた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。