日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

別離(1954)
ベツリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年01月10日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

「魅せられたる魂」の田中澄江と「妻の喜び」の中村定郎の共同脚本を「沖縄健児隊」の岩間鶴夫が監督し、「家族会議」の生方敏夫が撮影している。音楽は「勢揃い 大江戸六人衆」の加藤光男。出演者は「今宵誓いぬ」の若原雅夫、「求婚三人娘」の三橋達也、水原真知子、「春の若草」の笠智衆、草笛光子、奈良真養のほか、宝塚の浅茅しのぶ(この恋!五千万円)が大船初出演する。

スタッフ

製作
大町龍夫
脚本
田中澄江中村定郎
監督
岩間鶴夫
撮影
生方敏夫
音楽
加藤光男
美術
平高主計
照明
田村晃雄
録音
堀義臣

ストーリー

国史学を研究している佐貫駿一の下宿へ学生時代の親友八代が数年ぶりに訪れた。しかも意外な事に八代の細君はハル子であった。丸善の女店員だった彼女に学生時代の駿一は淡い恋心を抱いていたのだ。駿一は彼等の現在の荒んだ生活を眺めて胸が痛んだ。果せるかな八代は翌日麻薬密売の疑いで留置された。駿一は二人の為に出来るだけの援助を続けたが、八代に横山サチ子という女がいるのを知ると、駿一とハル子はそれぞれの心で悩んだ。駿一の勤める飯島工業社長飯島千太は娘のひさよを駿一の妻にと考えていたが、後妻の銀子はひさよを通運省課長の柏原と結婚させて、危殆に瀕している飯島工業を救おうと図った。ところが腹違いの妹まゆみが姉から奪うように柏原と結婚してしまった。だが飯島工業は破産し、飯島は駿一に「ひさよを頼む」と言い残して自殺した。ハル子の事で悩んでいた駿一はひさよこそ自分の妻だと悟り、ハル子も留置場で喀血した八代に、真の愛情をとり戻した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。