日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春色お伝の方 江戸城炎上
ハルイロオデンノカタエドジョウエンジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年03月17日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

邦枝完二がかつて東京タイムスと都新聞に連載した原作を「浮気天国」の松浦健郎が構成し、これに清水信夫が加わって脚本を書き、「叛乱」の阿部豊が監督している。撮影は「アチャコ青春手帳第三話 まごころ先生の巻」の三村明、音楽は古賀政男の担当。出演者は「勢揃い 大江戸六人衆」の宮城千賀子、「花の三度笠」の長谷川裕見子、「叛乱」の細川俊夫のほか、「魔剣」の中村扇雀が新東宝に初出演する。

スタッフ

製作
児井英生
原作
邦枝完二
構成
松浦健郎
脚本
松浦健郎清水信夫
監督
阿部豊
撮影
三村明
音楽
古賀政男
美術
進藤誠吾
照明
藤林甲
録音
神谷正和

ストーリー

ここ江戸城大奥ではお伝の方が八代将軍吉宗の寵を一身に集め、同じ愛妾お歌の方の嫉妬をかっていた。お歌の方は西尾隠岐守と共にお伝の方を亡き者にしようと企み、漢方の秘薬をお伝に飲ませているが、お伝の方附きの典医安井竹斎の発見する所となる。竹斎は今評判の中村座の女形芳沢あやめと瓜二つの美貌の持主で、日頃お伝の方を慕っていたので、反対にお歌の方の膳部に毒薬を投じるが、許婚の奥女中妙がこれを飲んでしまい、竹斎は大奥より姿を消した。ある日吉宗はギヤマン風呂による半裸の美女達の人魚踊りの中から、一際目立つおはんを見出すが、お伝の方の叱責でおはんは追放になるので、以後おはんも彼女を恨むようになる。お歌の方は懐姙し殿中は喜びに沸いた。或日お伝の方附の腰元千世は、これが隠岐守の種によるものである密談を聞いてしまうので、隠岐守に殺害されるが、たまたま中村座で隠岐守と一緒になった竹斎の知る所となる。竹斎は深手を追いながらも楽屋に逃れ、芳沢あやめに一切を打明け、お伝の方に伝える事を頼む。事の重大さにあわてた隠岐守とお歌の方は燈火を倒し、江戸城は紅蓮の炎に包まれた。竹斎は重傷もいとわず火事装束の大岡越前守に直訴した。隠岐守は自害したが、お伝もまた吉宗にみとられながら息を引きとった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。