日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

四人の母
ヨニンノハハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月23日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

脚本は松田昌一に監督の佐伯幸三(無法者)が協力して書いている。撮影は「母の湖」の渡辺公夫、音楽は「花の三度笠」の渡辺浦人の担当。出演者は「母の湖」の三益愛子、「続々魚河岸の石松 大阪罷り通る」の折原啓子、「鯉名の銀平(1954)」の浦辺粂子、「落花の門」の南田洋子、「叛乱」の三宅邦子などのほか、四年振りに返り咲いた北河内妙子改め楠よし子が出演している。

スタッフ

脚本
松田昌一佐伯幸三
監督
佐伯幸三
撮影
渡辺公夫
音楽
渡辺浦人
美術
高橋康一
照明
佐藤寛
録音
渡辺利一

ストーリー

新潟のしがない料亭に芸者君春として出ているよしみの許へ、前夫三好の妻田鶴子が陽一を引取りたいと訪れた。陽一は信州の女馬喰おとくに頂けてあったが、おとくは陽一を返す事を拒んだ。来年は学校へ上る可愛い陽一の為に、おとくは愛馬まで手放そうと決心していたのだ。その大賑わいの馬市で焚火に落ちた花火が爆発し、驚いた馬が陽一を下敷きにしてしまった。しかし、おとくを承知させようとしてはるばるやって来た医者の三好夫婦が居合わせた為、陽一は一命を取り止める事が出来た。三好は今は大きな病院を経営していて、陽一を東京の学校に上げて立派に育てようと言っている。おとくは遂に三好に陽一を引渡す事に決心した。三好の好意で芸者を退いたよしみも山へやってきて、悲しい最後の別れをした。三好の豪壮な邸宅に移った陽一は、田鶴子の歓待にも拘らず三好家に馴染まず、たまらなくなって家を飛び出した。その頃よしみは危篤だった。上野駅にさまよう陽一は偶然にもよしみの危篤に上京したおとくと対面し、二人は抱き合った。おとく、陽一、たけ、田鶴子に囲まれたよしみは強く陽一の手を握りしめた。始めて本当の母であると聞かされた陽一も、よしみの胸に泣き崩れた。よしみは嬉しそうに静かに最後の瞼を閉じた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。