日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い瞳
ワカイヒトミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月24日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「純情社員」の並木透の原案から、同じく「純情社員」の長谷川公之が脚本を書き、「死の追跡」の鈴木英夫が監督した。撮影は「鉄腕涙あり」の藤井春美、音楽は「びっくり太平記」の原六朗の担当。出演者は「今宵ひと夜を」の八千草薫、「坊っちゃん社員 前篇」の小林桂樹、「この恋! 五千万円」の伊豆肇、「山の音」の杉葉子、「青色革命」の太刀川洋一、「愛人」の尾棹一浩など。

スタッフ

原案
並木透
脚本
長谷川公之
監督
鈴木英夫
撮影
藤井春美
音楽
原六郎
美術
北辰夫
照明
入江進
録音
森武志

ストーリー

松川家の主人新吉は小さな広告会社の専務、妻たみと高校三年の勝気な娘ひろ子、生意気盛りの高校二年生保が家族である。隣家中川家は英語教師の政治、妻八重子、就職試験に忙しい大学四年の治夫の三人暮し。保にとって治夫は兄のような存在であり、ひろ子は治夫に淡い乙女の夢を描いている。ある日、ひろ子とその学友文子、保と治夫、治夫の学友でバイヤー秘書のアルバイトをしている和郎の五人が、和郎の運転するバイヤーの車でドライヴした。その時、文子が治夫に関心を持ち出したことから、ひろ子は治夫にはっきり惹かれる自分を見出した。松川家の長女隆子は洋品店を経営する健作に嫁いでいる。ひろ子はアルバイトとしてその店に働くようになったが、そのうちにも治夫を慕う心はつよくなって行く。治夫の父政治が東京の大学に栄転することになり、一家が引越すことにたったとき、治夫は就職試験を口実にこの土地に止まることにした。治夫はそのことをひろ子の勤め先に知らせ、ひろ子は治夫の気持を知って喜ぶ。ひろ子は二階に治夫を下宿させたいと両親にせがんだが、母は「ひろ子もそのうちお嫁に行く身なのだから男の下宿人は……」といって肯かなかった。けれどもやさしい母は近所に治夫の下宿を探してくれた。治夫の就職は失敗し、それを慰めるひろ子に、治夫は激情のはけ口を求めようとした。清純なひろ子はおどろいて部屋をとび出し、重なる失望に、治夫はひろ子に冷たい素振りを見せるようになった。傷ついたひろ子は死を決意するが、姉夫婦に慰められて明るい心を取戻し、折から東京に就職口が見つかって土地を去る治夫を見送ろうと駅にかけつける。若い二人に幸福が訪れるのはいつであろうか。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。