日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

陽のあたる家(1954)
ヒノアタルイエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年02月17日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

昨年制作座で公演された真山美保の戯曲「草青みたり」を原作に「君の名は 第二部」の柳井隆雄が脚色、「血闘 利根の夕霧」の田畠恒男、井上春二、万城目正のそれぞれが監督、撮影、音楽を担当している。「一等女房と三等亭主」の轟夕起子、「君の名は」の野添ひとみ、「お役者変化」の紙京子、「家族会議」の日守新一、「蛮から社員」の水原真知子、同じく「蛮から社員」の坂本武、「沖縄健児隊」の田浦正巳、子役に小畑やすしの他劇団若草から村山延子、桜井将紀、堀正長などか出演している。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
真山美保
脚色
柳井隆雄
監督
田畠恒男
撮影
井上春二
音楽
万城目正
美術
脇田世根一
照明
小泉喜代司
録音
熊谷宏

ストーリー

東京の片隅、建ちならんだバラックやトタン囲いの小舎の一つに中原みつの一家が住んでいた。みつは夫に戦死され、四人の子供を抱えて日傭作業員として働いていた。十九になる長女春子は洋裁店に、次女の夏子はレストランにつとめ、中学生の秋男は大工仕事を習い、小学六年生の冬子までが近所の子守をして母親を助けていた。近くに住む電気工夫の山田徳二は則夫と辰夫と男の子二人を抱えたやもめ暮しをしていた。彼には咲子という未亡人の娘がいるのだが、咲子は身を持ちくずして幼い子を連れて家出しているのだった。春子の発案でみつと徳二は結婚し、新家庭に幸福がほほえみそうだったが、それも束の間、徳二が不慮の事故で死に、みつは六人の家族を抱えて再び集金人として仕事に出ることになった。そんな或る日、ふと、子供を連れた咲子が帰って来たが、居合わせた則夫は、みつへの気兼ねの気持もあってか、この家は姉さんのような人の来るところではないと、泣きながら咲子を追い返した。集金人となったみつは、仕事のために裏の空地で自転車の練習をはじめたが、徳二の弔慰金から買った中古の自転車は盗品と判って引きとられ、苦しい日が一家に続いた。春子のファッション・デザインが入賞して三万円の賞金が貰えるという吉報の舞込んだ日、則夫が辰夫を連れて千葉の伯母の家に行ってしまった。これ以上みつに迷惑をかけたくないというのだったが、みつは千葉へ出かけて、二人をさとして連れ帰ってきた。そこに咲子も戻ってきて、一家は和やかな笑いに包まれ、久しぶりに明るい陽射しがさし始めた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。