日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鼠小僧色ざんげ 月夜桜
ネズミコゾウイロザンゲツキヨザクラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年01月27日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

内外タイムス連載の山岡荘八の原作小説を「第二の接吻」の成澤昌茂が脚色し、「喧嘩駕篭」の冬島泰三が監督した。撮影は「三太頑張れッ!」の古泉勝男、音楽は「やくざ狼」の高橋半。「今宵ひと夜を」の中山昭二が初の時代劇出演。「続々魚河岸の石松」の折原啓子、「唐人お吉」の嵯峨美智子、「若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴」の坂東鶴之助などが出演する。

スタッフ

製作
金田良平松本常保
原作
山岡荘八
脚色
成澤昌茂
監督
冬島泰三
撮影
古泉勝男
音楽
高橋半
美術
川村鬼世志
照明
杉山政明
録音
佐藤快哉

ストーリー

師走の大江戸。やくざ岡っ引の吉三郎は近ごろ跳梁する怪盗鼠小僧をみごと引っ捕えて、その栄冠とともに恋人お近と結婚するつもりでいる。ある夜、お近の家の門口をうろつく黒い影を見て、彼女は見覚えのあるような気がした。よく中村座にきて、その都度風采は変り、じっと彼女を瞶める男に似通っていたのである。男は窓下に紙に包んだ小判を捨てていった。吉三郎がその後を追うが、いつか姿を見失う。と柳の蔭から渋い若旦那姿の男が話しかけてきた。次郎吉である。「お前みたいなやくざ者にお近は渡せぬ」などといいだすので喧嘩になりかかるが、深編笠の侍、菊間五万石の浪人松沢安之進が現われて吉三郎を追ぱらった。松沢は菊間の当主を隠居させ老中田沼家より養子を迎えようとする江戸家老田原孫兵衛の陰謀を阻止すべく活動していた。菊間の奥方夏姫は殿の乱行へのあてつけから吉三郎への邪恋を燃やし、その恋人お近を誘拐する。てっきり次郎吉の仕わざと誤解した吉三郎は、仕返しに次郎吉の恋人お香代をさらうが、却ってこのどさくさが縁で次郎吉とお香代は世帯をもつことになった。他方松沢安之進は田原一味に捕えられるが、次郎吉はお近もろとも彼を救出する。お近は次郎吉が実の兄と知って愕くが、その愕きもさめぬ間に孫兵衛の刃にかかって死んだ。しかし孫兵衛らの陰謀も次郎吉のその後の活躍で露顕し、菊間家は平和をとりもどした。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。