日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

叛乱(1954)
ハンラン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年01月08日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
115分  

二・二六事件に至る陸軍部内の葛藤相剋を描いた立野信之の直木賞受賞作品「叛乱」を原作に「にっぽん製」の菊島隆三が脚色、「広場の孤独」の佐分利信が監督した。なお、佐分利監督は撮影中病いに倒れたため、阿部豊監督が後をつぎ、これを内川清一郎監督が補佐している。撮影は「銀二郎の片腕」の小原譲治、音楽は「広場の孤独」の早坂文雄。キャストは映画俳優の他、新派、新劇人が大挙出演している。

スタッフ

製作総指揮
竹井諒
製作
安達英三郎
原作
立野信之
脚色
菊島隆三
監督
佐分利信
撮影
小原譲治
音楽
早坂文雄
美術
松山崇
照明
矢口明
録音
神谷正和

ストーリー

昭和十年八月十二日。福山から台湾に転出を命ぜられていた相沢中佐は、赴任の途中、陸軍省に立ち寄り、軍務局長永田鉄山を一刀のもとに斬殺した。意外にも犯人には毫も罪の意識がなく、兇行直後、平然と任地に出発しようとして傍人を愕かした。それも理わり、永田少将は満洲事変によってふくれあがった日本陸軍の規模をそのまま対支対ソ戦に切換えるべく財閥と結んで国家総動員体制を企図したいわゆる統制派の中心人物であり、これに対して資本主義による農漁村の疲弊に憤り、腐敗した財界、政界、軍閥を倒して天皇親政の国家改造を断行しようとする皇道派の、相沢はもっとも純粋な分子だった。果然、「相沢につづけ」の合言葉が皇道派青年将校のうちに湧きあがった。これら直接行動派の急尖鋒は、歩一の栗原中尉、それを時機至らずとして抑えているのは同じ歩一の山口大尉、そして民間の志士北一輝、西田税らであるが、相沢公判をめぐる統制派の陰謀に刺戟され、かれらの主張が早急に蹶起へ傾むきかけた矢先、第一師団の満洲派遣が決定した。それも三月。「二月にやろう」との声が歩一から歩三に拡がるが、歩三の安藤大尉のみは依然慎重にかまえている。しかし、その彼も一夜娼家で農村の身売娘の悲惨さを目のあたりにして、同志の声に従う決心をした。西田も山口大尉ももはや大勢をせきとめることは不可能だった。--二月二十六日朝。首相、陸相、侍従長、蔵相、内府、警視庁……あらかじめ、暗殺の目星をつけていた要人の許に、幾手かに分れた総員千七百の蹶起部隊は、夜来の白雪をけって殺到した。要人らの多くは即死、あるいは深傷を負ってあやうくのがれた。軍も政府もなすところを知らなかったが、二十七日に至って香椎中将を司令とする戒厳令が布かれ、二十八日、宮廷内部に統制派の強硬論が通り、一方七千の部隊に叛乱軍討伐の勅令が下った。が、アドバルーン、ラジオ等による香椎中将らの必死の説得で、兵の多くは原隊復帰、主謀者--軍人側香田、安藤両大尉以下十七名、民間側北一輝、西田税以下数名は、弁護も主張もゆるされぬ一方的な軍法会議によって、死刑を宣せられた。十日にわたる無政府状態の末、広田内閣が生れ、かくて統制派の勝利はしだいに財閥との結合による国臨戦体制へと一切をみちびいていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。