日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嘘(1954)
ウソ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年10月12日 
製作会社
テレビ映画 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67  

厚生省、中央児童福祉審議会推薦のテレビ映画第一回作品で、小学生の綴方の生んだ実話に取材している。脚本は「ボート8人娘」の岡田豊、監督は「クイズ狂時代」の佐藤武。「東京物語」の三宅邦子のほか、劇団民芸の人達が出演している。

スタッフ

企画
今村貞雄
製作
関孝司
脚本
岡田豊
監督
佐藤武
撮影
今村秀夫
音楽
安倍盛

ストーリー

六月のある日、浦和市保健所附近でバスから降りた小学五年生の花井隆志は、竹中浩三のトラックにはねられ重傷を受けた。唯一の目撃者の小島の証言の結果、竹中運転手は不起訴となった。事実は竹中の不注意だったのだ。級友の長尾君、葉山光江さん達は自治会に取り上げ、事故現場附近の人々の証言を求める活動を開始したが、大人達も検察当局も黙殺した。担当の横江教官や野崎校長は教育上由々しき問題であるとして少年達の純真な行動を援護し、隆志の父も自分の子供だけの問題でないと悟って民事の訴えを起した。かくて事件の再調査が命じられ、公判が開かれた。次々と証言台に立つ可憐な学友達の友情と純心の抗議に、“大人の嘘”は次々と崩れた。最後に隆志の母は被告に「子供が嘘を信じるようになったら、純真な子供の世界は真暗になります。どうぞ貴方のお子さんの為にも親として真実を言って下さい」と涙と共に訴え、被告は遂に一切を告白した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。