日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

美貌と罪
ビボウトツミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月26日 
製作会社
松竹大船映画 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

「春の囁き」の植草圭之助のオリジナル・シナリオを「姉妹(1953)」の岩間鶴夫が監督している。製作は「やっさもっさ」の山本武。出演者は「岸壁」の淡島千景、「日本の悲劇」の高橋貞二、淡路恵子、「嫁の立場」の幾野道子など。

スタッフ

製作
山本武
脚本
植草圭之助
監督
岩間鶴夫
撮影
斎藤毅
音楽
加藤光男
美術
熊谷正雄
照明
磯野春雄
録音
妹尾芳三郎

ストーリー

美貌の戦争未亡人昌子は、老母と子供を抱え、妹の悠紀子と四人暮し。悠紀子は新聞社の交換手で家計を助けている為、愛人の青年記者本多亮介と結婚出来ない。それを不愍に思う昌子は、キャバレーに勤め替えして妹を結婚させてやる。その頃昌子一家は住居を追いたてられていたが、偶然出あった女学校時代の友人太田公子の世話で家を借り、公子の会社に就職する。公子は実業界に時めく河田工業社長をパトロンにして、彼女自ら会社を営み、密貿易等をやっている。亮介は職業柄、これに気づいて昌子に注意するが、時遅く昌子は、公子の口車に乗り、河田と結託する政治家の手籠めにあう。友情と肉体を蹂りんされた昌子は、怒りに燃えて公子と衝突し、河田に公子が秘書の隈部と不倫な関係にある事をばらす。公子の失寵から、昌子は深入りして河田の鍾愛を受ける事になるが、それも老獪な河田の手先に使われている最中、旅先で公子と遭遇して激論し、公子を列車から落してしまう。過失とはいえ公子を死なせた昌子の動揺は大きく、事勿れ主義の河田からは弊履の如く捨てられた為、傷心の余り自殺する。しかし、一時は新聞沙汰を免れた河田や政治家に、亮介の力で正義の鉄槌が下された。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。