日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母の湖
ハハノミズウミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

萩原四朗の原案、構成による浪曲映画で、「続々魚河岸の石松」の笠原良三の脚本、監督は「続々十代の性典」の小石栄一があたった。「紅椿」の渡辺公夫、飯田三郎が撮影、音楽をそれぞれ担当している。出演者は「胡椒息子」の三益愛子、「母波」の白鳥みづえ、「紅椿」の沢村美智子、船越英二、見明凡太朗、「血闘(1953)」の根上淳、「無法者」の潮万太郎、星ひかる「花の生涯」の山内明、など。

スタッフ

企画
中代富士男
原案
萩原四朗
浪曲構成
萩原四朗
脚本
笠原良三
監督
小石栄一
撮影
渡辺公夫
音楽
飯田三郎
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
渡辺利一

ストーリー

昭和十一年、加代は東京共生会病院の産婦人科に若い婦長として勤めていた。彼女は八年前に今は亡き初恋の人との間に生れた美智子を母しげの家にあずけていた。そして医師内藤の真心からの求婚にも応じないで、ひたすら看護婦の道を歩いた。或る夜、病院で若い女が私生児を生んで死んだ。加代はその子晃一を引取り美智子と一緒に母の家で養って貰い、二人の成長を唯一の喜びとしていた。母が死ぬと、加代はまだ幼い二人を連れて上京したが、内藤との仲を嫉妬した総婦長の策謀で職を失った。途方にくれた彼女は薬屋の外交員木村の世話で、同じ外交員として働く事になった。加代の長屋の隣には、屋台の中華そば屋源さんが、一人息子の義夫と住み親切にしてくれた。木村は一夜加代に挑んだので、それを拒絶した彼女は職を失う。或る日、晃一の父本田が名乗って来たが、加代は追帰した。然し源さんに説かれ、晃一の幸せの為に本田の許へ帰した。日華事変が拡大すると加代は看護婦として応召し、悪夢のうちに十余年の歳月は流れ、白髪まじりの加代は中共からの引揚船で帰国した。音信不通だった美智子を探し求めると、彼女は麻薬密輸の秘密を知った為、一味に看視されていた。加代は娘を救おうと思わず拳銃で一味の男一人を殺した。裁判で峻烈な論告をくだす検事は成長した晃一だったが、彼はかつての母親に気づかない。これも今は弁護士となっている義夫の証言で、被告がかつての養母としった晃一はただ愕くばかり。やがて彼らの心からの祝福のうちに、加代は執行猶予となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。