日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

にっぽん製
ニッポンセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月08日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

朝日新聞連載の三島由紀夫の原作を、「若き日のあやまち」の菊島隆三が脚色した。「浅草物語」の島耕二、長井信一が監督、撮影にあたった。音楽は「霧の第三桟橋」の大森盛太郎。「浅草物語」の山本富士子「紅椿」の木村三津子、「魅せられたる魂」の上原謙、「血闘(1953)」の三田隆、「女の一生(1953)」の菅井一郎などが出演する。

スタッフ

企画
土井逸雄
原作
三島由紀夫
脚色
菊島隆三
監督
島耕二
撮影
長井信一
音楽
大森盛太郎
美術
仲美喜雄
照明
佐藤寛
録音
西井憲一

ストーリー

若いデザイナー春原美子は、パリへの研究旅行の帰り、柔道試合で同じくパリにでかけた栗原と知りあった。朴訥な栗原は、美しく優しげな美子がすっかり気に入り、彼女こそ生涯の伴侶と一人ぎめにきめてしまう。一人の母が急に他界してより一そうその想いはつのった。ある日美子をたずねた栗原は咄々と心のたけをうちあけにかかったが、美子はむろん一笑に附した。彼女には金杉という理解あるパトロンがおり、今度のパリ行も彼女が経営する洋裁店ベレニスの資金もすべて彼のふところから出ている。栗原と彼女のはなしを盗み聴いた栗原の自称子分こそ泥の根住は、親分の恥をすすごうとばかり美子のデザイン・ブックをぬすみだすが、栗原は怒ってかれを投げとばす。パリ一年の苦心も水の泡、と狼狽している最中に、失せ物を届けられた美子は、さすがに感謝をおぼえて栗原をお茶にさそった。偶然現われた金杉を彼女の兄、と言いくるめるが、純真な栗原はつゆ疑わない。するうち、金杉は美子に求婚するが、彼女は返事を帰朝記念のファッション・ショウの後に保留した。美子に栗原を紹介された金杉の妹の桃子は、彼の竹を割ったような魅力に、少女らしいはげしい恋心をおぼえた。が、美子に夢中の栗原は相手にしない。ファッション・ショウの当日、金杉の一件がばれ、彼女の偽善ぶりに怒りを爆発させた栗原は、その頬に平手打ちをくらわせて席をけった。直後金杉は返事をうながすが、今は忽然栗原への愛にめざめた美子には、はっきりした返事はできない。一方彼女をにくみながら思いきれない栗原は、柔道への精進に一切をわすれようとするが、心のみだれか、晴れの全日本選手権大会では決勝まで進みながら敗れさった。その場にかけつけた美子との間に和解がなり、はなしは結婚までいったけれど、金杉の胃穿孔罹患でまたも美子は愛と恩義との板ばさみになる。しかし、金杉は紳士だった。病気平癒とともにすまながる美子と栗原の仲を微笑で祝福し、傍ら妹の失恋をもやさしくいたわるのだった。パリ帰りの最尖端女性美子は、今は純「にっぽん製」栗原の、これも「にっぽん製」女房として、炊事に洗濯にいそしむこととなった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。