日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

遊侠夫婦笠
ユウキョウフウフガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年11月23日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

今は亡き劇作家真山青果の股旅作品「荒川の佐吉」より、「鞍馬天狗 青面夜叉」の鈴木兵吾と「次郎吉娘」の永江勇が共同脚色し、「次郎長一家罷り通る」の堀内真直が監督している。出演者は「花の生涯」の高田浩吉、安部徹、喜多川千鶴、「早稲田大学」の宮城野由美子、「喧嘩駕篭」の澤村國太郎などである。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
真山青果
脚色
鈴木兵吾永江勇
監督
堀内真直
撮影
太田真一
音楽
奥村一
美術
川村鬼世志
照明
蒲原正次郎
録音
川北武夫

ストーリー

江戸の大観分鐘馗の仁兵衛身内の三下奴大工の佐吉は、使いで甲州へ旅立ったが、その直後親分仁兵衛はごろつき浪人成川郷右衛門に片腕を落され、乾分と縄張りを奪られてしまった。落ち目の仁兵衛は豪商丸屋総兵衛の思われ者になっている娘のお新が生んだ盲の子卯之吉の処置を佐吉に謀り、妹娘のお八重と一緒にさせようとするが、勝気なお八重は三下の女房になるのはまっ平だと家を飛び出した。その後仁兵衛は再起しようと焦って以前の乾分徳兵衛に殺され、佐吉はもとの大工をしながら一人でも卯之吉を育てる決心をした。それから六年、今は卯之吉を欲しくなった丸総の力ずくでの掛け合いも頑と断って、佐吉は卯之吉の成長だけを楽しみにかあいさ一心に働き、卯之吉を名医玄白にかける為、金ほしさに心機一転やくざの世界に帰る。深川から芸者に出ていたお八重は、持ち前の意地っぱりから佐吉には嫌がらせばかりいっていたが、その実、仇の成川に身をまかせても卯之吉と佐吉の為に尽そうとしていた。これを知った佐吉は、成川と渡り合い、度胸一つで見事親分の仇を討った。だが兇状持ちとなった佐吉は、卯之吉の将来の幸福を考えて、卯之吉をお新の手に返し、自らは相模屋政五郎親分の計らいで旅に出た。その旅立ちの日、三度笠の佐吉が両国橋にさしかかると、そこには旅ごしらえのお八重が待っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。