日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

霧の第三桟橋
キリノダイサンサンバシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年10月21日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

竹中美弘の製作になるスリラー映画で、「白鳥の騎士」の井手雅人のオリジナル脚本を、「半処女」の内川清一郎が監督している。撮影は「人形佐七捕物帖 通り魔」の河崎喜久三。出演者は「風雲八万騎」の三浦光子、「早稲田大学」の舟橋元、「花の生涯」の柳永二郎、「青春ジャズ娘」の安西郷子のほかキングの津村謙、双見真沙子。アクロバットの宝塚楽三郎、龍晶海、龍芳明が特別出演している。

スタッフ

製作
竹中美弘
脚本
井手雅人
監督
内川清一郎
撮影
河崎喜久三
音楽
大森盛太郎
美術
下河原友雄
照明
平岡岩治
録音
根岸寿夫
特別出演
津村謙双見真沙子宝塚楽三郎龍晶海龍芳明

ストーリー

横浜港の検疫医浜崎俊は貨物船の中で盲腸で苦しんでいた美貌の朱麗蘭を病院に送りこんだが、彼女こそ香港のギャンブルボス劉丁徳の手先で、一足先に入国した劉の許に密輸宝石を運ぶ所だったのだ。劉はある楽団のマネージャーになりすまして賭博、ドル買いに暗躍し、当局の必死の捜査も確証を得るに至っていなかった。浜崎には宇野純子という恋人があったが、現在の仕事に満足しない彼は、麗蘭の手づるで香港に渡り、自分の惨めな境遇を飛び出したいと思っていた。既に浜崎に惹かれていた麗蘭もまた彼のためならばどんなことでもしようと約束した。当局の目が厳しくなって仕事に支障を来してきた劉は、麻薬の陸揚げに浜崎を利用することを麗蘭に命じた。麗蘭は劉には大恩があるし、かと言って浜崎を瞞す事は出来ないし、思い悩んだ。麗蘭との関係を案じた浜崎の友人浦上刑事の忠告をも聞きいれなかった浜崎も、純子の父で模範衛生係の宇野老人の退職演説を聞いて、やっと迷夢から醒めた。彼は検疫医としての自分の使命を深く自覚した。いよいよ切羽つまった劉は麗蘭と共にフィリッピンへ高飛びしようとし、麗蘭は劉から逃れようとして浜崎を誘い出した。夜更けの横浜駅で劉とその手下黄、浜崎の間に乱闘が行われる。劉にコルトを突きつけられた浜崎を乗せた発動機艇が、夜霧に濡れた第三桟橋を静かに離れる。が、浦上刑事の連絡で国警と保安隊が出動し、港内巡視艇の照明のもとで激しい拳銃の乱射が行われた。一瞬、麗蘭は帽子のピンで劉を刺し、自らも劉の拳銃に倒れた。暁の迫る時刻、波しずかな第三桟橋には、助かった浜崎と純子の寄り添う姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。