日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

健児の塔
ケンジノトウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年09月07日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

「ひめゆりの塔(1953)」の姉妹篇の形をとって、元沖縄一中生徒の手記、沖縄朝日新聞の資料により「残侠の港」の佐伯清がシナリオ化、「玄海の鰐」の小杉勇、「暁の市街戦」の春原政久が共同監督している。「ギラム」の星島一郎、「玄海の鰐」の小杉太一郎がそれぞれ撮影、音楽を担当した。「地雷火組(1953)」の石井一雄、東宝より最近東映入りした田代百合子を中心に、「喧嘩笠(1953)」の轟夕起子、「暁の市街戦」の三島雅夫、「天馬往来」の龍崎一郎、「明日はどっちだ」の舟橋元、「むぎめし学園」の東恵美子などが出演する。

スタッフ

企画
栄田清一郎
脚本
佐伯清
監督
小杉勇春原政久
撮影
星島一郎
音楽
小杉太一郎
美術
丹羽勝
照明
伊藤銈市
録音
大谷政信

ストーリー

沖縄本島の沖に敵機動部隊がひしめき寄せた昭和二十年三月。ここではすべてを挙げて野戦態勢に入り、卒業と同時に女学生は臨時看護婦として南風原野戦病院へ、中学生たちは現地動員の兵として戦列に立った。県立一中生波平恭一も学友たちと共に司令部直属の鉄血勤皇隊に編入される。彼らは祖国の必勝を信じ、士気はいやが上にも高かった。敵弾に斃れた父の死体にとりすがる女学生キク子を慰める周囲のこえにも力があった。任務の暇に母八重の許にかえった恭一は、その帰途南風原に立ちよりキク子と会ったが、一人かえした同行の学友が機銃弾の犠牲となったため、帰隊後、かれは喜屋武にはげしく詰られる。圧倒的な敵の包囲環のうち、しだいに潰滅状態に追いこまれる日本軍--これと比例して学生たちの間にも当初の団結心がきえ、代ってとげとげしい対立が目立つようになった。喜屋武は事ごとに恭一につらく当った。退却、また退却。--負傷兵を背にキク子たちは泥濘の路をよろめき辿った。背中の兵がすでに事きれているのに気ずくや、キク子もまた崩おれてしまうのである。司令部が潰滅した。組織的抵抗が不可能となると学徒たちは不意に動員解除となった。途方にくれた彼らは、三三、五五洞窟をでて父母の許にかえろうとするが、敵の機銃弾はそれをのがさなかった。今は制服に着かえて洞窟をでたキク子ものけぞり、斃れた。後を追ってとびだした恭一はその死体を抱え、降りそそぐ弾雨の中を茫然と歩いていった。彼はキク子がすきであった。平和な世では実を結んだかもしれないその淡い慕情を、戦争は無残に吹きとばしたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。