日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モンテンルパ 望郷の歌
モンテンルパボウキョウノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年07月22日 
製作会社
重宗プロ 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

昨年重宗プロにより「残された人々」の名で製作された。「甲賀屋敷」(49)の脚本をかいた劇作家青江舜二郎が脚本担当、「飛びだした日曜日」の村田武雄が監督している。杉本正二郎が久方ぶりに撮影にあたった。小堀誠、汐見洋、石黒達也、芥川比呂志、杉村春子、荒木道子など新派、新劇人が出演している。

スタッフ

製作
重宗和伸
脚本
青江舜二郎
監督
村田武雄
撮影
杉本正二郎
音楽
津川主一
美術
河野鷹思
照明
石川緑郎
録音
丸山国衛

ストーリー

死刑囚を夫に持つ妻、そしてその家族たちは父や夫の帰りを心から祈りつつ、苦しい生活にわずかな希望を抱いて生きている。今日も生活のためかつぎ屋をして生計を立てている女が警察に捕えられる。しかし警察は、そのころモンテンルパという名前さえ知らなかった。警察ばかりでなく当時は世間の人々も殆どそれに無関心であった。がモンテンルパの刑務所では、ずらりと並んだ独房の各室に、いつ死刑の宣告を受けるとも分らない同胞が生きていた。彼等はいずれも善良な父であり、夫であり、兄である人たちばかりだ。彼等もまた戦争の犠牲者であり、はるかに故国に想いをはせ、時には味噌汁の話などに心をまぎらしていた。彼等の唯一の心の友は教誨師であった。教誨師は囚人たちが死刑執行にあたって、心安らかに十三の階段を登ることを祈っている。しかし此等の人々がなぜ死刑囚なのか。教誨師は時にその怒りを胸に秘め、彼等が晴れて故国の土を踏むことができるように祈っていた。比島人の中にも彼等の無罪を主張し、法廷で立証する娘もあった。内地でも苦しい生活を送る遺家族を慰さめ励まして廻る復員者もあり、家族の声を録音してモンテンルパに送る人もあった。こうして内地でもモンテンルパでも、戦争の償いをしようとする日本人の悲壮な努力が高まって行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。