日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野戦看護婦
ヤセンカンゴフ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年07月14日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

元従軍看護婦安斎貞子の原作より「憲兵」の野村浩将が脚色監督している。撮影は「残波岬の決闘」の山中晋、製作は児井英生。出演者の主なるものは「続魚河岸の石松」の折原啓子、「戦艦大和」の中山昭二、「雲ながるる果てに」の鶴田浩二、「暁の市街戦」の宮城千賀子などである。

スタッフ

製作
児井英生
原作
安斎貞子
脚本
野村浩将
監督
野村浩将
撮影
山中晋
音楽
服部正
美術
進藤誠吾
照明
関川次郎
録音
村山絢二

ストーリー

昭和十七年華南の野戦病院。そこでの長い勤務に荒んた小島雪子もやさしい根本軍曹を秘そかに愛していた。新しく内地から派遣されて来た婦長の光枝や恵子達のやさしい姿に接するにつけ、雪子も再び女らしさを甦えらせたが、根本がか弱い恵子を労わるのに嫉妬し、恵子に対して何かと辛く当った。恵子と根本は、はからずも同郷であることがわかり、以来一層親しみを増したが、やがて恵子達は前線へ転進し、根本と別れねばならなかった。恵子は前線での激務で悪性マラリヤに罹ったが、復讐の念に燃えた雪子は軍医から支給されたキニーネをも踏みにじった。しかし病める恵子が一途に自分の意気地ないことを詑びる純情な心に遂に嫉妬心を払拭、空襲で燃える天幕の中から恵子を救い出した。二人は日毎むつまじくなり、恵子が根本との再会を喜んでいるのをも、雪子は笑顔で見られる様になった。敗戦の夜、暴民が病院を襲撃して来た。光枝達の連絡で中国官憲が到着一同は救出されたが、連絡を救けるべく囮となった雪子は、赤十字の旗の下に屍体となって発見されねばならなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。