日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

坊っちゃん(1953)
ボッチャン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月12日 
製作会社
東京映画東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

夏目漱石の原作の再映画化(前作は昭和十年PCL作品として山本嘉次郎が監督した)。「銀二郎の片腕」の八田尚之が脚色、「母と娘(1953)」の丸山誠治が監督にあたった。撮影は「続・浮雲日記」の山崎一雄、音楽は「関の弥太ッぺ(1953)」の渡辺浦人。「都会の横顔」の池部良、森繁久彌、「欲望」の小沢栄、「真珠母」の多々良純、「花の中の娘たち」の岡田茉莉子、小堀誠などが出演する。

スタッフ

製作
加藤譲佐藤一郎
原作
夏目漱石
脚色
八田尚之
監督
丸山誠治
撮影
山崎一雄
音楽
渡辺浦人
美術
島康平
照明
岸田九一郎
録音
西尾昇

ストーリー

四国松山の町。土地の中学校に物理学校出の若い江戸ッ子教師が赴任する。坊ちゃんである。着任早々彼は婆やお清宛の手紙に校長教頭以下のウガッたあだ名を列挙して、気勢をあげた。山嵐は「叡山の悪僧めいた」数学主任堀田の称だが、案外親切な男で、骨董屋いか銀の二階の下宿も彼の世話である。直情派の二人はすぐしたしくなった。新米教師の坊ちゃんに五年生の悪童連の攻勢がはじまるが、坊ちゃんもなかなか負けていない。宿直の夜、寄宿舎の一室でもぐりこもうとした寝床の中から、無数のバッタが跳りでて、坊ちゃんを驚ろかす。この悪質ないたずらに激怒した坊ちゃんに、生徒を教唆したのは山嵐だ、と教頭--ビラビラした文学士の赤シャツが中傷する。単純なだけにおのれッとなった坊ちゃんは、いか銀の二階を飛出し、無気力な国語教師うらなりの世話で、萩野家の座敷に移る。しかしその隣家の娘、うらなりの許婚マドンナに赤シャツが横恋慕し、うらなりを九州に転任させようと画策していると知って坊ちゃんは茫然とした。うらなり先生は九州に去った。赤シャツやその取巻き画学教師野太鼓らはさらに坊ちゃん、山嵐の硬派ぶりがじゃまとなり、折しも土地の師範と中学の大乱闘に二人がまきこまれ、警察の留置をくらった一件を取上げて蔭で新聞や校長をたきつけ、彼らを追放しようとする。憤激した二人は赤シャツをとらえ、その真向から生卵を叩きつけて溜飲をさげた。翌日辞表を校長たぬきに叩きつけ、お清婆やと会うのをたのしみに、坊ちゃんは東京へ去った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。