日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雪間草
ユキマソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年07月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

製作は山口松三郎。日本経済新聞に連載された今日出海の原作を、「女性の声」の中山隆三が脚色し、「乙女の診察室」の佐々木啓祐が監督している。撮影は鶴見正二。出演者の主なものは「乙女の診察室」の市川春代、紙京子、川喜多雄二「めぐり逢い(1953)」の草間百合子のほかに、柳永二郎、三宅邦子等である。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
今日出海
脚本
中山隆三
監督
佐々木啓祐
撮影
鶴見正二
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
高下逸男
録音
小尾幸魚

ストーリー

銀座裏の骨董店、翠山堂に務める立花房子の娘南美江は、勤務先の新聞社で、幼な心に愛し合った従兄の桐野夏樹に邂逅して互いの成長を欣んだが、二人の親同志は、何故か彼らが近づく事を喜ばない。と云うのは、桐野産業社長である夏樹の父龍五郎が、戦時中工場経営の為働いた不正の罪を負って、南美江の父が自殺した事からだった。母の反対で新聞社をやめた南美江は、同僚の十兵衛の調べで、立花、桐野家の反目の原因を知り、しかも母が現在の桐野産業の不振に乗じて、専務平川と結託して、会社を乗取ろうと策しているのを知る。桐野産業重役会の席上、平川達から不能を糾弾された桐野社長は遂に斃れ、駈けつけた房子も、夏樹、南美江から今迄の醜い争いを諌められて、始めて心が解け、夏樹と南美江は結ばれる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。