日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暁の市街戦
アカツキノシガイセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年05月27日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「喧嘩笠(1953)」の高岩肇、「蛇と鳩」の舟橋和郎、「むぎめし学園」の館岡謙之助の共同脚本によって「蛇と鳩」の春原政久が監督にあたった。佐藤三郎、黛敏郎がそれぞれ撮影、音楽を担当。「七番街襲撃」の宇佐美諄、「魚河岸の石松」の折原啓子、「権九郎旅日記(1953)」の月丘千秋、「加賀騒動」の三島雅夫、「母子鳩」の宮城千賀子、「山下奉文」のボブ・ブースなどが出演する。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
高岩肇舟橋和郎館岡謙之助
監督
春原政久
撮影
佐藤三郎
音楽
黛敏郎
美術
北川弘
照明
浅見良二
録音
加瀬久

ストーリー

黄昏の銀座で人が殺された。被害者の恋人片瀬ふみ子は犯人のジョージの顔を目撃したので後難をさけるため宮本警部補の家にひきとられた。警視庁は密輸団一味をホシとにらみ活動を開始し、宮本は彼らが銀座に営んでいるコールマン商会を探りに出かけたが、首魁土井に巧みにあしらわれた。一味の久保は足を洗って恋人明枝と新しい生活に入ろうとしていたが、仲間にみつかり殺されようとするまぎわ、明枝の機転で危く脱出、房州の知人宅に身をかくす。一方、警視庁側の動向を憂慮した土井は冷酷にも仲間の福原を誣告、目撃者ふみ子の否定によって彼が釈放されるや、ただちに射殺する。するうちに、房州の恋人たちは生活に困窮し、たまりかねて上京した明枝は一味の手におち、彼らの本拠クラブ・サファイヤに監禁される。後を追って上京した久保はコールマン商会でジョージをつかまえ争う折から、張りこんでいた宮本に取り押えられる。リンチをおそれて仲間を裏切れなかった彼も、宮本に説得され、工夫に変装してサファイヤにもぐりこんだ。彼の連絡によって武装警官隊がクラブをとりかこんだとき、悪辣な土井が宮本の幼い娘恵子を人質に拐かしたことがわかり、宮本の顔は苦痛にひきゆがむ。が、思い決した彼の自動小銃の発射をきっかけにはげしい銃撃戦がまきおこり、一味は悉く射殺された。人質の恵子はあわやという刹那、土井の情婦ユキのわずかに残された真情に救われ、久保も乱戦の中から明枝をたすけ出すことができた。恵子になつかれたふみ子は彼女のお母さん、つまり宮本の妻となることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。