日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

山下奉文
ヤマシタホウブン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月29日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
125分  

米画「砂漠の鬼将軍」風な第二次大戦々史上人物の再評価映画。社長大川博が総指揮する。「黎明八月十五日」のコムビ八木保太郎と西沢裕の脚本によって「加賀騒動」の佐伯清が監督に当った。撮影、音楽はそれぞれ「韋駄天記者」の西川庄衛、「黎明八月十五日」の高田信一。主演早川雲洲を中心に、小杉勇、大友柳太朗、佐々木孝丸、宮城野由美子、利根はる恵などが共演する。

スタッフ

製作総指揮
大川博
製作
マキノ光雄
企画
岡田寿之
脚本
八木保太郎西沢裕
監督
佐伯清
撮影
西川庄衛
音楽
高田信一
美術
森幹男
照明
銀屋謙蔵
録音
森武

ストーリー

開戦劈頭、スピーディなシンガポール攻略作戦の成功で、マライの虎と謳われた山下奉文も、その後彼を敵視する軍首脳によって満洲牡丹江に左遷され、第十四方面軍司令官として再び陽の目をみた一九四四年秋には、戦局はすでに絶望的であった。しかも彼の任地フィリッピンは前任黒田司令官や彼の直接の上司寺内南方総軍司令官の無能無策から、さし迫る米軍の上陸への何の備えもしていなかった。彼は死を覚悟して赴任する。--いよいよ米軍のレイテ上陸がはじまるに及んで大本営、総軍はにわかに当初の作戦を変更し、レイテへの方面軍主力の傾注を命じてきた。山下はその不利を痛感しながらも、黙々実行に移した。が、結果は手薄すに乗じてルソンへの敵の大挙上陸となり、友軍は各所に分断される。新たに彼の指揮下にはいった第四航空軍も保有機数の大半をレイテに失い、富永司令官は台湾へにげだす始末、さらにマニラの海軍部隊は山下の再度の撤収命令を無視、狂暴な市街戦のすえに全滅した。--八月十五日終戦。そして九月三日に山下大将は投降した。彼の命を拒んだマニラ海軍部隊の惨行をその主な罪状に負って、山下は勝者の「みせしめ」裁判--その絞首刑の判決に伏した。不当を鳴らすこともなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。