日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女だけの心
オンナダケノココロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月01日 
製作会社
松竹大船中篇) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

「花嫁花婿寝言合戦」でデビュした新人田畠恒男の第二回監督作品。製作は「大学の龍虎」の田岡敬一、脚色は「処女雪」の柳井隆雄である。前作でのコムビ平林孝三郎がキャメラを担当し、「初恋おぼこ娘」の若杉英二、大船映画初出演の千秋みつる、新人渡規子などの他小園蓉子、草間百合子、有島一郎、吉川満子、三井弘次などが出演する。

スタッフ

製作
田岡敬一
脚本
柳井隆雄
監督
田畠恒男
撮影
平林孝三郎
音楽
万城目正
美術
木村芳男
録音
平松時夫
照明
須藤清治

ストーリー

一瀬孝作は善良で世話ずきな紳士だが、妻けい子は猜疑心のつよいヒステリックな女である。夫の親友宇野が姿をみせても、そのアルコールずきを嫌って満足に挨拶すらしなかった。孝作が長女公子と一緒にするつもりで育てた養子修一も、成人するにつれ、このような義母と折合わなくなった。彼は優しい公子は愛していたが、結婚、そして一瀬家の跡目をつぐとなると躊躇を感じるのである。たまたま公子とは逆に勝気一方の次女春江が、孝作、修一--二人が二人ながら見知らぬ女と歩いていたことを暴露し、逆上したけい子は鋭く孝作を問いつめる。が、その実孝作は出版事業で失敗しかけているけい子の兄正宗と、愛人の和田たまとの別れ話をとりもつたばかりである。正宗の事業の失敗はまた、これに相当投資していた孝作の命とりにもなりかねなかった。兄の口から事情を知ったけい子は、夫にじぶんの非を詑びる。他方修一は、春江やけい子の冷たい難詰に心を刺され、家を出た。その置手紙で、過日春江が見とがめた修一の連れの女性は、実の妹章子であることがわかり、一同は軽率をふかく悔いた。春江が公子をしょっぴくようにして修一兄妹の連戻しに出かけた後、宇野が微醺を含んで飄々とあらわれる。人が変ったようなけい子の快い応接ぶりに彼はかえってどぎまぎするが、やがて彼の尽力で問題の出版の権利がわりのいい値に売れたことをつげた。やがて修一らが立ちもどれば、一家の心配事もみんななくなるわけである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。