日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初恋おぼこ娘
ハツコイオボコムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年03月19日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

「妻の青春」の光畑碩郎が脚本をかき、「流れの旅路」の新人小林桂三郎が監督した。ビクターの榎本美佐江を中心に「嫁ぐ今宵に」の坂本武、「カルメン純情す」の北原三枝、「わが母に罪ありや」の若杉英二、落語の桂小金治などが出演する。

スタッフ

製作
桑田良太郎
脚本
光畑碩郎
監督
小林桂三郎
撮影
小杉正雄
音楽
加藤光男
美術
梅田千代夫
録音
高懸義人
照明
荒井公平

ストーリー

下町の小さなお好み焼屋「おかめ」の一人娘美代子は、歌がすきで上手である。町内の寄合いにはなくてならぬ存在だが、湯河原に足をのばした町内懇親会の席上、都内きっての茶の問屋山城屋の若旦那修吉に惹かれる。その後もお使いの出先で修吉とかちあい、かすり傷の手当をしてもらつたことなどあって、彼が忘れられなくなった。美代子に気のある貸着屋の六造の告げ口でそれと気づいた父甚市は、身分不相応の恋をたしなめる。一方修吉は両親から菓子の老舗近江屋の娘春江との縁談をもちかけられているが、あまり乗気ではなかった。春江は気のおけぬいい娘だが、少々でき過ぎている感じである。「おかめ」で食事中の春江に宛てた歌舞伎の招待状を山城屋の小僧がまちがえて美代子に手渡したため、彼女は修吉と同席、夢みたいな一夕を送る。思いがけぬ事の次第をはじめ訝かつた修吉も、やがて美代子の初々しさが満更でもなくなった。数日後、彼は「おかめ」に美代子を訪ねたが、春江との縁談の件を誤解した甚市に追いかえされる。が、当の春江には心に秘めた恋人のあることがわかり、美代子はめでたく修吉と結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。