日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

決闘五分前
ケットウゴフンマエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年02月26日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

製作は「凸凹太閤記」の辻久一。「西鶴一代女」の依田義賢と「花吹雪男祭り」の若尾徳平の脚本によって「巣鴨の母」の安達伸生が監督した。キャメラは「あの手この手」の武田千吉郎。「彼女の特ダネ」の菅原謙二、荒川さつき、「社長秘書」の木村三津子、「あの手この手」の堀雄二、「街の小天狗」の宇佐美諄、その他上田吉二郎、大伴千春、浦辺粂子などが出演する。

スタッフ

企画
辻久一
脚本
依田義賢若尾徳平
監督
安達伸生
撮影
武田千吉郎
音楽
伊藤宣二
美術
西岡善信
録音
奥村雅弘
照明
岡本健一

ストーリー

密告によって投獄された河合幸一は、受刑中ただ密告者との対決をだけ思いえがいて時を過ごした。いよいよ出獄。--彼は大阪刑務所の門を出ると、昔の悪事仲間、密輸団のボス金田の許に急ぎ、これにナイフをつきつけた。あわてた金田は密告者は河村の親友小谷だと誣いる。河村はその足で小谷の家に向った。足を洗って今は電機商を営む小谷は、恋人玉枝とともに郷里福山へ帰省の途中、大阪駅附近で河村に道をふさがれた。弁明はむだであった。河村は廻転式六連発の拳銃に一発だけ実弾をいれ、小谷に自分の頭にあてて三度引金をひけ、と命ずる。やくざ仲間のリンチである。しかし、小谷は堅気に返った我が姿を一目だけ郷里の老母にみせたかった。その想いを察した玉枝は自ら人質になることを申出る。明後日十二時までに小谷がこの場所に戻らなければ、玉枝の一命はないはずである。河村と玉枝との不気味なアベックがはじまった。河村はかつて、出獄後をちかった恋人澄子をつれだし、有馬温泉に投宿する。が、すでに心変りした澄子は、玉枝を語らってにげだす。裏切られた河村の心事を思いやった玉枝は、再びその傍らに舞いもどったものの、河村はもう人間が信じられない。彼はシニカルな口調で、約束の刻限に小谷は姿をみせぬだろう、という。それを否む玉枝。--いよいよ約束の十二時である。母の突然の急病で出発がおくれながら、種々障害を排してかけつけた小谷に、玉枝は報われた信頼の涙をかくせない。一見無表情にリンチをはじめようとする河村の拳銃にも、しかし実弾はこめられていなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。