日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

処女雪
ショジョセツショジョユキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年10月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

『婦人生活』連載の小糸のぶの原作を「緑の風」の柳井隆雄が脚色し同じく原研吉が監督している。撮影は森田俊保。出演者の主なものは「お茶漬の味」の津島恵子、「お嬢さん社長と丁稚課長」の水原真知子と高橋貞二、「カルメン純情す」の小林トシ子のほかに川喜多雄二、須賀不二男、英百合子などである。

スタッフ

製作
小出孝
原作
小糸のぶ
脚色
柳井隆雄
監督
原研吉
撮影
森田俊保
美術
熊谷正雄
音楽
加藤光男
照明
磯野春雄
録音
妹尾芳三郎

ストーリー

美奈子、貞枝、百代の三人は共に孝行の絵の教師佐々木信也を慕っていたが、信也が美奈子を愛しているのを感じた百代は諦めて絵の路に精進し、貞枝は口惜しさのあまり狂言自殺までした。その為美奈子の両親に誤解され憤然上京した信也は、友人須永の出版社の挿絵書きに従事し、堀田画伯に紹介され、奇しくもその席上でバーの女給になった貞枝に邂逅した。貞枝は堀田に近づき信也を見返そうと図るが、堀田はその頃上京してきた美奈子に惹かれ、妊娠した貞枝を棄てた。百代の機転で信也とめぐり合った美奈子は、もう何ものにも負けず二人の愛を信じる事を誓うが、貞枝が信也の下宿で自殺しようとしたのを見ると、急に貞枝が哀れになって、信也を貞枝に譲り、自分は堀田と結婚しようと決心し、堀田の家を訪れる途中自動車事故で倒れ、足を切断する。急を訊いて駈けつけた信也は全てが誤解だった事を知り変わらぬ愛を美奈子に告げると同時に、堀田に会って貞枝の責任を取る事を承知させた。信也の書いた美奈子の肖像は見事入選した。信也は脚の不自由な美奈子を抱くようにして、展覧会場のその絵の前にいつまでも立ちつくした。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。