日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アナタハン
アナタハン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年 
製作会社
大和プロダクション 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
 

「モロッコ」のジョゼフ・フォン・スタンバーグがアナタハン島の事実にヒントを得て日本で作った一九五三年作品で、提供は彼と大和プロダクションの協同。滝村和男が製作を担当、スタンバーグは自ら脚本・監督・撮影を統率しているが、台本・台詞は浅野辰雄、監督補佐は「私はシベリヤの捕虜だった」のシュウ・タグチ、撮影技師は岡崎宏三である。美術は「ブンガワンソロ」の河野鷹思、音楽は「欲望」の伊福部昭が担当する。出演者はNDT出身の根岸明美、「憲兵」の中山昭二、「戦艦大和」の菅沼正、「風雪二十年」の近藤宏の他、スタンバーグに見出された新人が多い。

ストーリー

一九四四年六月、サイパンへ物資補給に向かった五隻のかつお船が、マリアナ群島で敵襲を受け、僅かの軍人と船員がアナタハン島に辿りついた。この島には日下部(菅沼正)という男が、恵子(根岸明美)という他の男の妻だった女と関係を結んで二人きりで残っていた。待望んでいた救助も望み少ないと知ると、人々の関心は自然に恵子に向かうようになり、日下部の嫉妬も、隊長格の天沼(網倉志朗)の威嚇も甲斐なかった。アメリカ軍の降伏勧告も謀略としか信じられなかった一団は、やがて島の中にアメリカ機の残骸をみつけ、仙波(宮下昭三)はそこで発見した指輪を餌に恵子を獲得した。しかし、そこでピストルを拾った西尾(中山昭二)と柳沼(近藤宏)はなお強かった。仙波は西尾にあっけなく殺され。その西尾も柳沼の弾丸に倒れた。一九四九年の元日、嫉妬に狂った日下部は恵子と戯れている柳沼を刺して島の王者となったが、勿ち彼も吉里(藤川準)に殺され、吉里もまた一日も恵子を所有しないうちに姿を消した。残った男達はピストルを海に捨て、改めて合意の上で恵子の所有者を決めようとした。が彼女は既にこの島の生活を嫌いはてていた。アメリカ軍が撒いた出迎えのビラに彼女は疑うことなく従った。やがて日本から恵子が送った手紙は島の男達にはじめて敗戦を信じさせた。ひとり帰国を肯ぜぬ天沼を除いて、男達は英雄として故国に帰って来た。恵子はどこかで彼等を迎え、島の生活を追懐しているに違いない。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。