日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母の瞳(1953)
ハハノヒトミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年01月09日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

NHKラジオ小説の映画化で、浪曲母もの映画。原作者八住利雄がシナリオを執筆し、「佐渡ケ島悲歌」の安田公義が監督に当ってる。撮影は秋野友宏。出演者の主なものは「巣鴨の母」の三益愛子と松島トモ子のコンビ、「極楽六花撰」の入江たか子、「モンテンルパの夜は更けて」の見明凡太朗、ほかに藤原釜足、上田吉二郎、伊丹秀子などである。

スタッフ

原作
八住利雄
脚本
八住利雄
監督
安田公義
撮影
秋野友宏
美術
柴田篤二
音楽
大久保徳二郎
録音
渡辺利一
照明
柴田恒吉
浪曲構成
萩原四朗

ストーリー

或る港町にかかったサーカス一座の三吉、おさよ夫婦の空中サーカスは人気を呼んでいた。不身持で遊興の金に窮した三吉は、早川興行部の誘いに心を動かしていたが、おさよは反対だった。おさよの一人娘たま子は、五年前に或る老婆から預かったものである。この港町に料理屋を営んでいる美津子は、或日町で六歳位の盲いの子たま子にあった。しかもその子の持っている守札から、それが長い間探していた我が子とわかった。たま子をサーカスに送りとどけてくれた美津子からたま子が美津子の実子と知らされ、たま子をとられる危惧で一杯になった。美津子は美津子で、わが子をひきとりたいと思ったが、おさよの事を思うと無理にそれも出来なかった。しかしそれからというもの美津子はわが子見たさに暇さえあればサーカスを見に出掛けた。早川興行部は三吉に矢のような催促をするが、おさよは三吉の願いを聞かなかった。ところがある日二人が空中サーカスをやっていると早川が乗り込んで来て、たま子をつれ去ろうとしたので、おさよは不覚にも空中から落ち、瀕死の状態に陥った。おさよは、たま子は美津子に託し、自分の死後二十四時間以内に瞳をとって、たま子に移植手術を行うことを言い続けて息を引きとった。今は晴れてわが子は呼べる、眼のぱっちりあいたわが子を抱いて美津子は今更ながら、おさよの崇高な愛情を思って嬉し涙にくれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。