日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春の鼓笛
ハルノコテキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年01月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

富田常雄の『平凡』連載小説を「新婚の夢」の沢村勉が脚色し、「夏子の冒険」の中村登が演出している。製作は「母は叫び泣く」の山口松三郎。撮影は「息子の青春」の高村倉太郎、「カルメン純情す」の黛敏郎が音楽を担当している。主な出演者は「彼を殺すな」の高峰三枝子、「夏子の冒険」の角梨枝子、「母は叫び泣く」の紙京子、佐田啓二、川喜多雄二、「お嬢さん社長と丁稚課長」の高橋貞二など。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
富田常雄
脚色
沢村勉
監督
中村登
撮影
高村倉太郎
美術
熊谷正雄
音楽
黛敏郎
録音
大村三郎
照明
加藤政雄

ストーリー

花売りをアルバイトとする貧しい女学生左衛子は、富豪のドラ息子杉浦啓一の運転する高級車にはねられた。事件の処理を万事金で割り切ろうとする杉浦家のやり口に左衛子の姉、ダンサーの蘭子は反感を抱くが、それは負傷した左衛子の右腕の不具化がはっきりするに及んで、杉浦家への現実的な復讐欲にまで高まる。ついに彼女は与太者宮本の教唆によって啓一を誘惑し、公金を引出させた。一方、臥床する左衛子と啓一の弟民樹との間には仄かな愛情が芽ぐみ、そのことで一旦打撃をうけた民樹の許婚美智子も、純真な苦学生伊澤との交渉に新しい幸福を見出してゆく。啓一から自分が庶子である事を知らされた民樹は家を出て労働生活に入るが、やがて宮本の手下に刺され瀕死の床に伏す啓一の願いに、再び家に帰ることを約するのだった。彼の傍らには左衛子、そして死にゆく啓一の真情を知り、今は悔と思慕の情に泣き崩れる蘭子の姿もあった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。