日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ブギーポップは笑わない
ブギーポップハワラワナイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2000年03月11日 
製作会社
メディアワークス博報堂東映ビデオ作品 
配給会社
東映ビデオ 
レイティング
一般映画  
英語名
Boogiepop and Others  
上映時間
109分  

不可解な女子高生連続失踪事件を巡って、口笛を吹く死に神=ブギーポップと高校生たちが繰り広げる青春ミステリー。監督は「電影少女 VIDEO GIRL AI」の金田龍。第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞した上遠野浩平による同名小説を基に、「なぞの転校生」の村井さだゆきが脚色。撮影を前田智が担当している。出演は、「ワンダフルライフ」の吉野紗香、『ベストフレンド』の黒須麻耶、「ゴト師株式会社 ルーキーズ」の川岡大次郎、「新宿少年探偵団」の酒井彩名、「うずまき」の三輪明日美 、「ジューンブライド 6月19日の花嫁」の寺脇康文、「流星」の清水真実、『神様もう少しだけ』の広橋佳以、「オーディション」の沢木哲、「守ってあげたい!」の高野八誠、「GTO」の笠原秀幸ら。

スタッフ

企画
佐藤辰男大塚康高黒澤満
プロデューサー
宮野洋美曽根康正加藤和夫服部紹男
原作
上遠野浩平(メディアワークス電撃文庫刊)
脚色
村井さだゆき
撮影
前田智
美術
和田洋
照明
中元文孝
編集
阿部嘉之
ビジュアルエフェクトスーパーバイザー
佐藤高典
主題歌
スガシカオ
音楽
梶浦由記
監督
金田龍

ストーリー

とある地方都市で、不可解な女子高生失踪事件が相次いでいた。そんなある陽、深陽学園3年の啓司は、恋人で2年の藤花の奇妙な行動を目撃する。黒いマントを羽織り、別人のような顔で街を歩く彼女は、自分のことをブギーポップと呼び、学園に巣食う魔物を倒すために現れたのだと語った。そして数日後、その使命を果たしたブギーポップは啓司の前から姿を消し、後にはいつもと変わらぬ藤花が戻っていた……。それから2年後、浪人生の藤花は街で高校時代同学年だった明雄に再会した。彼は、2年前に失踪した直子のことを今もひきずっていた。当時、明雄は3年の直子を巡って1年の志郎と奇妙な三角関係にあった。ある日、直子は学校の倉庫にエコーズという男を匿っていることを明雄に告白した。宇宙から来たエコーズは、人間社会に潜んでいるマンティコアという怪物を探しているという。話を聞いて、狐につままれたような気分の明雄。そんな彼の前から直子が姿を消したのは、その直後のことだった……。同じ頃、街ではスレイブというドラッグが流行していた。それは嫌なことを忘れさせてくれる効力を持ち、一連の失踪事件に絡んでいた。そのことにいち早く気づいた2年の凪は、ドラッグを流している犯人を突き止めようと調査を開始。やがて、1年の早乙女と2年の美奈子がその犯人であることを突き止める。実は、美奈子はマンティコアに体を乗っ取られ、スレイブで女子高生たちを廃人同然にしては、彼女たちの体液を吸っていたのだ。そして、直子も彼女の犠牲になっていた。エコーズと凪は、マンティコアを倒すべく戦いを挑む。しかし、美奈子に魅せられた早乙女の助太刀によって、2人は瀕死の重傷を負わされてしまう。とそこへブギーポップが現れた。見事な技でマンティコアを倒すブギーポップ。その後、マンティコアと早乙女はエコーズによって宇宙に連れていかれ、ブギーポップは元の藤花にかえり、学園にも平和が戻るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。