日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

わが母に罪ありや
ワガハハニツミアリヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年12月23日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

製作及び監督は「母は叫び泣く」の山口松三郎と佐々木啓祐、脚本は「郷愁」の橋田寿賀子、撮影は「娘の晴着」の鶴見正二である。出演者の主なるものは、「秘密(1952)」の市川春代、「若奥様一番勝負」の佐田啓二、紙京子、小林十九二、奈良真養、「うず潮(1952)」の草間百合子などである。

スタッフ

製作
山口松三郎
脚本
橋田寿賀子
監督
佐々木啓祐
撮影
鶴見正二
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
加藤政雄
録音
小尾幸魚

ストーリー

流浪の女神原登世は内海航路の船上から投身自殺をしようとして、弁護士八田直人に救われた。登世は二十年前、永之介と雪子の二児を置いて上京、転落の生活をたどったのであった。直人の家に寄寓するうち、直人の恋人雪子とその兄の税務署官吏永之介が、わが子たちであることを知ったが、蔭ながらその立派な成長ぶりを喜ぶだけで、自分の身の上は秘していた。ところが雪子の結婚仕度のため、永之介が悪棘な谷村におどらされて収賄したことが、明るみに出ようとしたとき、永之介の妻里枝は自分の体を谷村に提供して夫の名誉を救おうとした。このことを知つた登世は、里枝にあやまちを起させまいとして、あやまって谷村を殺した。そして登世は何も語らず罪に服そうとしたが、里枝の涙の証言によってすべては明るみに出た。登世は直人のこんせつな弁護によって軽い刑に服することになった。晴れて出獄の日、永之介、雪子、直人などが、暖く彼女を迎えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。