日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

AGANAI 地下鉄サリン事件と私
アガナイチカテツサリンジケントワタシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2021年03月20日 
製作会社
Good People 
配給会社
Good People 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

1995年に発生した地下鉄サリン事件の被害者である本作の監督が、犯行を引き起こしたオウム真理教に自ら迫るドキュメンタリー。通勤途中で被害にあったさかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙する。米アカデミー賞の前哨戦といわれるIDA(国際ドキュメンタリー協会)長編ドキュメンタリー賞ショートリスト選出作品。

スタッフ

監督
さかはらあつし
プロデューサー
阪原淳松尾悦子陳穗珠
撮影
山田達也高嶋正人
音楽
SOULCOLOR
録音
落合諒磨
編集
渡辺純子

出演者

ストーリー

1995年3月20日、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。通勤途中で被害にあった本作の監督さかはらあつしは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と神経への後遺症を抱えながら、考え抜いた末に“地下鉄サリン事件とオウム真理教”に向き合うことを決意。事件から20年の時を経て、オウム真理教の後続団体であるAlephの広報部長・荒木浩と対峙する。2人は、ともに所縁の地を巡る旅に出て、ゆく先々で対話を繰り返す。凄惨な事件後もなお信者であり続ける心のありようとは何か。人を救うのではなく苦しめる宗教とは。監督は友人を諭すように、荒木に接しその心の内に迫ろうとする。事件により人生を狂わされ、未だに精神的・肉体的な苦しみを抱える被害者。その“被害者”が“加害者”にキャメラを向ける……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。