日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

RUN60 GAME OVER
ランシックスティゲームオーバー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2012年06月30日 
製作会社
ユニバーサル ミュージック 
配給会社
ユニバーサル ミュージック 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
120分  

2011年に劇場版第1弾、12年にテレビドラマが放送されたサスペンスシリーズの劇場版第2弾。爆弾を装着して走り回るゲームに参加させられた人々の運命を描く。テレビシリーズの第2章、第3章を中心に再編集し、新たなエンディングを追加した。出演は「僕等がいた」2部作の柄本佑、テレビドラマ『サイン』のTakuya。

スタッフ

監督
園田俊郎
脚本
正岡謙一郎
企画プロデュース
楮本昌裕園田俊郎
プロデューサー
坂東泉田中早苗
撮影
福富実

出演者

ストーリー

楠野孝雄(Takuya)は、ダンサーを夢見る若者。WEBサイトで“あなたの大切な人を5人選んで下さい”という質問に答えたところ、彼の悪夢が始まった。ピエロ(John-Hoon)と名乗る男が“大切な人間を守りたければ、ブレスレットを着けて指示された場所へ走れ”と脅迫してきたのだ。その脅迫が本物だと知った孝雄は、愛する人々を守るために走り始める。それは、“RUN60”という命を賭けたゲームだった。同じ頃、警視庁の中塚(柄本佑)は、孝雄のように“RUN60”に強制参加させられた裕(桐山漣)とレイ(小林涼子)が、議員殺害事件の犯人として追われた事件を捜査していた。この事件の裏に何者かの存在を感じた中塚は、天才科学者の桑田(木村了)、上司の森沢(嶋田久作)とともに捜査を開始。一方、オンライン上に“RUN60”というゲームを作ったピエロは、孝雄の走る様子を公開して楽しんでいた。やがて、ピエロは孝雄に非情な提案を告げる。それは、“恋人か母親かどちらか助ける方を選択しろ”というものだった……。無数に存在する監視カメラや携帯カメラの映像から無限に追跡し、腕にはめた爆弾ブレスレットで目標を意のままに走らせる“マウスシステム”。一体誰が何のために作ったのか。犯人の魔の手は中塚の恋人や森沢の娘にも迫る。自ら爆弾ブレスレットを腕に装着し、夜の街を走ることになった中塚は、徐々に敵を追い詰めてゆく。やがて、全ての謎が解けた時、驚愕の真実が明らかになる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。