日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あなたほんとに凄いわね
アナタホントニスゴイワネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月30日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

ビクター歌手宮城まり子の同名のヒット盤の映画化で、製作は田岡敬一、脚本は「未完成結婚曲」の淀橋太郎。園シャツは川島雄三に師事し、「明日は月給日」等のシナリオを執筆した柳沢類寿の第一回監督作品。出演者は「鳩」の有島一郎、「彼を殺すな」の桜むつ子、ビクターの宮城まり子のほかに森川信、小林十九二などである。

スタッフ

製作
田岡敬一
脚本
淀橋太郎
監督
柳沢類寿
撮影
坂本松雄
美術
逆井清一郎
音楽
万城目正
録音
伊藤数夫
照明
須藤清治

ストーリー

浅草の巴里座に出ている上原一座は解散寸前の状態だったが、三枚目の丸橋凡一の抜てきと新加入の銀ベルの唄と踊りによる「あなたほんとに凄いわね」の大成功で一息つく。凡一の叔父は凡一の嫁を心配し、話のゆきがかりから凡一は叔父の在京中に恋人を造らなければ、叔父に承服して叔父の村の娘を嫁に貰わなければならぬ事になる。困った彼は座長に女の口説き方を教わるが、座長の実演の相手は日頃心に描いていた銀ベルだった。銀ベルを諦めた凡一は一座の踊り子に次々とプロポーズするが契約済みや子持ちばかりで失望に終わる。その時座長の女の四つ葉あい子から、ベルは実は凡一を慕っているという嬉しいニュースを聞き、早速ベルと甘いランデヴーをするが、恋がたきの座長に見つかって、彼は一座をクビになる。凡一が辞めるならとベルまで退職を申し出る始末なので、支配人は慌てて座長に喰ってかかり、人気の無くなった座長はあい子と北海道へ旅立つ。開演中の巴里座の舞台ではベルが楽しそうに唄っている。客席の凡一は隣の叔父にベルを指して、「へへ、こういうわけで叔父さん。折角だけども--」と叔父がすすめた花嫁候補の写真をつき返した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。