日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

未完成結婚曲
ミカンセイケッコンキョク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月23日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
56分  

「バクさんの艶聞」の大町龍夫が製作に当り、軽演劇の作家淀橋太郎の書いた脚本を、新人穂積利昌が第一回監督作品としてとりあげている。撮影は「新婚の夢」の中島信雄。出演者はSKDの雪代敬子が始めて映画にデヴューし、「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の堺駿二、「バクさんの艶聞」の有島一郎その他三木隆、大坂志郎をはじめとする大船のバイプレーヤーたちである。

スタッフ

製作
大町龍夫
脚本
淀橋太郎
監督
穂積利昌
撮影
中島信雄
美術
梅田千代夫
音楽
万城目正
照明
荒井公平
録音
吉田庄太郎

ストーリー

森永長生は或るデパートの結婚式場お抱えの神主で、一人娘の百々子は巫女をつとめていた。ある日式をあげた花嫁が百々子の友人であったことから、彼女も発ぷんして恋人の正宗省吾に父の前で結婚を申込んでくれと頼んだ。しかし省吾は安月給の上に、兄が詐欺事件にひっかかって金が入用なので返事をしぶる。しかし、父の長生は、娘が結婚の相手を見つけたらしいので喜んで、その未来の婿が訪ねて来るのを土曜日の午後七時十八分と定めて心待ちしていた。すると、偶然その時刻に訪ねて来たのが、写真師の小原勘平で、早合点の長生にすっかり娘の婿にされ、大歓迎をうける。百々子は省吾の煮えきらない態度にすっかり憂鬱になって帰って見るとこの有様で、せっかく喜んでいる長生を失望させるにしのびず勘平と結婚することになってしまう。その結婚式の当日、失意の省吾は東京を離れようと東京駅で汽車の三等席に一人坐っているとき、花婿姿の勘平と親友の友三がかけ込んで来た。事情を知った勘平が本物の花婿を迎えに来たのである。長生のノリトで式がすみ、花嫁花婿の姿を勘平が腕によりをかけて写真に撮ってやった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。