日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の捕縄
コイノホジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月16日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「昔話ホルモン物語」に次ぐ宝塚映画で、「娘十八お転婆時代」の監督倉田勇が、脚本及び監督に当っている。撮影は藤洋三。出演者の主なものは、「娘十九はまだ純情よ」のアキレタ・ボーイズ・トリオ、に「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の如月寛太、かつての宝塚スター初音麗子、現役スター梓真弓、尾上さくらその他宝塚少女歌劇の人々である。

スタッフ

製作
宝塚映画製作所
脚本
倉谷勇
監督
倉谷勇
撮影
藤洋三
美術
西七郎椋本隆正
音楽
山根久雄
照明
百沢壽雄
録音
竹川昌男

ストーリー

東海道を股にかける道中師すっとん吉松は、宿場の丁字屋という宿で、松の間の客の懐中をねらって夜中にしのび込んだところ、その客の首がころりところげ落ちて殺されていたというところから騒ぎが起った。宿場役人溝呂木は女房のお産の最中だが、知らせによって駆けつけて見ると、殺された男の死骸が紛失してしまっているので、更に騒ぎは大きくなった。同宿には、夫の仇を訊ねる後家お民様と若党五平、宮本武蔵と思い込んでいる狂人とその老婆、インチキ教祖お源様、自称四国丸亀藩家中の武士門馬鉄之進、江戸の捕物名人ダンマリ左門の娘早苗と下女お時などがあった。まず吉松が犯人と疑われるが、死体紛失のとき現場にいなかったのでアリバイ成立。宿の娘お千代が出刃をかくすところを見たとの下女お菊の失言で、下男巳之吉が、自分の暗い全身を知る被害者を殺すつもりでその出刃を持ち出したことが判明した。それと同時に、巳之吉が殺す前に殺されていたその被害者は実は早苗のたずねていた兇賊で殺されたとは狂言で武士門馬に化けて生存していたことが見破られ、早苗のために見事に召捕られてしまった。事件は急転直下解決、溝呂木の女房の安産をし、巳之吉はお千代の情けを知り、翌朝の晴れた街道には、早苗とお時がたのしそうに馬に乗って行く姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。