日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三百六十五代目の親分
サンビャクロクジュウゴダイメノオヤブン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年09月24日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

製作は「お嬢さん社長と丁稚課長」の久保光三。森永武治の原作から「湯の町しぐれ」の中村定郎が脚色して、戦前、「赤城の子守唄」「血煙荒神山」などの作品のあるベテラン秋山耕作監督復帰の第一回作品である。主演者は、「バクさんの艶聞」の川喜多雄二と「柳生の兄弟」の草間百合子で、坂本武、長尾敏之助その他の助演陣とニュー・フェースの鶴実千子が活躍している。浪曲は廣澤虎造。

スタッフ

製作
久保光三
原作
森永武治
脚本
中村定郎
監督
秋山耕作
浪曲
廣澤虎造
撮影
川尻俊介
美術
桑野春英
音楽
加藤光男
照明
井上榮太郎
録音
川北武夫

ストーリー

地方のある小都市での出来事、鮨屋久造の息子鉄三は、美男で腕っぷしの強いところから、いつの間にか町の与太公たちに兄分と立てられ得意になっていた。やくざをうたった浪曲が何より好きで先祖の魚屋久兵衛が、播随院長兵衛からその義侠心をほめた手紙を貰って、それが家宝になっていることなどが、鉄三の心を一そうあおっていた。それを心配したのが彼の恋人で料亭「千鳥」の娘清子だったが、鉄三は清子のいさめなどはてんできき入れなかった。そして町のボス権田のおだてにのせられて、彼が市会議員選挙に立候補することについての応援をたのまれた。「男を見込んで」といわれると、一も二もなく参ってしまい金やら家宝の手紙まで持ち出しての応援であった。しかし清子が心配した通り、選挙違反で留置所入りになった上、家宝の長兵衛の手紙は、実は、久兵衛の不身持ちを意見したものと判明。鉄三の「男伊達」の夢はさっぱりと醒めてしまった。そしてやがて、鮨屋の店で丸髷姿の清子に手伝わせて甲斐々々しく立働く鉄三の姿が見られることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。