日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お嬢さん社長と丁稚課長
オジョウサンシャチョウトデッチカチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年09月24日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

製作は「湯の町しぐれ」の久保光三。長谷川幸延の原作から「お景ちゃんと鞍馬先生」の津路嘉郎が脚色し、「銀座巴里」の萩山輝男が監督に当っている。撮影は「女のいのち」の斎藤毅。出演者の主なものは「彼を殺すな」の高橋貞二、「こんな私じゃなかったに」の水原真知子、「湯の町しぐれ」の井川邦子、「坊ちゃん重役」の市川小太夫と吉川満子、他に坂本武、岩井半四郎、増田順二などである。

スタッフ

製作
久保光三
原作
長谷川幸延
脚色
津路嘉郎
監督
萩山輝男
撮影
斎藤毅
美術
熊谷正雄
音楽
田代與志
照明
豊島良三
録音
高懸義人

ストーリー

薬種問屋「山長」は老舗だったが華やかな新薬の宣伝に押され、当主長兵衛は中北製薬からの借金を苦にして死んだ。娘綾子は、大番頭徳平の息子正太郎と相談して店を株式会社に改め、自ら社長となり、昨日までの丁稚は洋服を来て社員ということになった。綾子と正太郎の接近を、綾子に野心を持つブルジョアのドラ息子菅井はよろこばなかったが、女店員の千代も正太郎の幼馴染で彼に心を寄せていただけに心淋しく思っていた。新しい組織になっても「山長」は相変らず苦境にあり、正太郎は男気のある中北製薬社長の助けを借りようと主張したが、綾子は中北を父の仇と思い込んでいてそれに反対した。そして万策つきたあげく、綾子は正太郎に無断で菅井に援助を頼むため川奈ホテルへ訪ねて行った。菅井にとっては思うつぼであった。彼の毒牙のため綾子あやうしと見えたとき、ようやく事情を知った正太郎がとび込んで来た。綾子は初めて素直な気持で中北の力を借りる決心をした。その綾子に中北は「女になってすべてを正太郎にまかせなさい」と忠告した。今は正太郎を思いあきらめた千代には、松造という親切な慰め手が現われ、「山長」の店は、二組の若い恋人同志によって一層の明るさを増した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。