日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

許された子どもたち
ユルサレタコドモタチ

作品名でWeb検索する
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
131分  

「先生を流産させる会」の内藤瑛亮が、いじめによる子どもの死亡事件をヒントに作り上げた物語。中学生の倉持樹が、同級生・市川絆星のいじめで死亡する事件が発生。だが、少年審判は絆星を不処分と決定する。すると、世間から激しいバッシングが起こり……。出演は『花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中沢琴~』の上村侑。

スタッフ

監督
内藤瑛亮
脚本
内藤瑛亮山形哲生
プロデューサー
内藤瑛亮田坂公章牛山拓二
制作
泉田圭舗佐野真規山形哲生
撮影監督
伊集守忠
音楽
有田尚史劉逸筠
録音
根本飛鳥小牧将人南川淳黄永昌川口陽一
整音
根本飛鳥
サウンドデザイン
浜田洋輔
照明
加藤大輝山口峰寛
編集
冨永圭祐内藤瑛亮
助監督
中村洋介

出演者

ストーリー

ある地方都市。不良少年グループのリーダーで中学一年生の市川絆星(上村侑)は、同級生の倉持樹(阿部匠晟)を日常的にいじめていた。やがてそのいじめはエスカレートし、樹が命を落とす事件が起きる。警察に犯行を自供する絆星だったが、息子の無罪を信じる母親の真理(黒岩よし)の説得で否認に転じ、少年審判は無罪に相当する“不処分”を決定する。自由を得る絆星だったが、その決定に対して世間から激しいバッシングが巻き起こる。そんな中、樹の家族は、民事訴訟で絆星たち不良少年グループの罪を問うことを決意。果たして、罪を犯したにも関わらず、許されてしまった子どもはその罪をどう受け止め、生きていくのか。大人は罪を許された子どもと、どう向き合うのか……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。